【デトロイトモーターショー16】日産 タイタン ウォーリアー コンセプト…専用装備で迫力満点[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

日産 タイタン ウォーリアー コンセプト(デトロイトモーターショー16)
  • 日産 タイタン ウォーリアー コンセプト(デトロイトモーターショー16)
  • 日産 タイタン ウォーリアー コンセプト(デトロイトモーターショー16)
  • 日産 タイタン ウォーリアー コンセプト(デトロイトモーターショー16)
  • 日産 タイタン ウォーリアー コンセプト(デトロイトモーターショー16)
  • 日産 タイタン ウォーリアー コンセプト(デトロイトモーターショー16)
  • 日産 タイタン ウォーリアー コンセプト(デトロイトモーターショー16)
  • 日産 タイタン ウォーリアー コンセプト(デトロイトモーターショー16)
  • 日産 タイタン ウォーリアー コンセプト(デトロイトモーターショー16)
日産自動車の米国法人、北米日産はデトロイトモーターショー16において、新型『タイタンXD』の「ウォーリアー コンセプト」を初公開した。

同車は2015年1月、デトロイトモーターショー15で発表された日産の新型フルサイズピックアップトラック、『タイタンXD』の高性能モデルを示唆したコンセプトカー。オフロード性能に磨きをかけているのが特徴となる。

パワートレインは、タイタンXDと同じディーゼルエンジンを選択。カミンズ製の5.0リットルV型8気筒ターボディーゼルは、最大出力310hp、最大トルク76.7kgmを発生する。トランスミッションは、アイシン製の6速ATを組み合わせている。

フロントグリルやヘッドライトは、市販モデルに対して小変更。全高は市販車に対して、およそ75mmアップ。全幅も約75mm拡大し、拡幅されたフェンダー内には、大径のオフロードタイヤと18インチアルミホイールを収めた。サスペンションは、オフロード走行用にカスタマイズ。フロントは、パフォーマンスボールジョイント付きのコントロールアームに変更。リアも、オフロード用に変更を施す。

ボディカラーは、「サンダー」と呼ばれるマット仕上げのガンメタル。オレンジのアクセントを添えた。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】ホンダアクセス、各種純正パーツ発売…専用開発の鍛造アルミなど

    【ホンダ NSX 新型】ホンダアクセス、各種純正パーツ発売…専用開発の鍛造アルミなど

  2. 【モスクワモーターショー16】開幕…まったく予想外の事態にしばし呆然

    【モスクワモーターショー16】開幕…まったく予想外の事態にしばし呆然

  3. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

    【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  4. 【ホンダ NSX 新型】走行モードは4種類…サーキットモードも

  5. 【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

  6. トミーカイラZZ、試乗・展示会を都内で初め開催…プラットフォームも公開 8月27日から

  7. 【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

  8. マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

  9. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  10. 【ホンダ NSX 新型】寺谷日本本部長「9月上旬までに200台の受注」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら