【ブリュッセルモーターショー16】フェラーリ カリフォルニアT、最新テーラーメイド初公開

自動車 ニューモデル 新型車

フェラーリ カリフォルニアTの最新テーラーメイド車
  • フェラーリ カリフォルニアTの最新テーラーメイド車
  • フェラーリ カリフォルニアTの最新テーラーメイド車
  • フェラーリ カリフォルニアTの最新テーラーメイド車
  • フェラーリ カリフォルニアTの最新テーラーメイド車
  • フェラーリ カリフォルニアTの最新テーラーメイド車
  • フェラーリ カリフォルニアTの最新テーラーメイド車
  • フェラーリ カリフォルニアTの最新テーラーメイド車
イタリアの高級スポーツカー、フェラーリは1月12日、ベルギーで開幕したブリュッセルモーターショー16において、『カリフォルニアT』の最新テーラーメイドプログラム車を初公開した。

テーラーメイドは、顧客のユニークな個性とテイストを車両に反映することを目的に、フェラーリが用意しているパーソナライゼーション・プログラムの名称。フェラーリは世界市場で、カスタマイズ事業に力を注いでいる。

ブリュッセルモーターショー16で初公開されたのは、カリフォルニアTの最新テーラーメイド。ジミ・ブルーニ、アレッサンドロ・ピエル・グイディ、プジン・ラトゥーラス、ステファン・レメレット選手らがステアリングホイールを握り、2015年スパ・フランコルシャン24時間レースのプロ・アマカップ・クラス優勝を飾った『458 GT3』に敬意を表して開発された。

ボディカラーは458 GT3 と同じレッド、ブルー、ホワイトのレーシングストライプを配したロッソ・コルサで塗装。また、ホイールエッジのイエローとドアハンドル上のイエローの矢印も特徴となる。

室内は458 GT3をモチーフに、ステアリングホイールをレーシングカー由来のアルカンターラとし、マットブラックのカーボンファイバートリムも採用。トランクライニングをはじめ、カーペットおよびフロアマットは、3D表面仕上げを施したスーパーファブリックと呼ばれる丈夫な防弾素材を採用。フットスペースは、ブラックアルミニウム仕上げとした。アルカンターラトリムのシートは、ホールド性の極めて高いファブリックインサートを使用している。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品