西武鉄道のライオンズ列車「L-train」、9000系で復活…1月17日から運行

鉄道 企業動向

「二代目」となる「L-train」のイメージ。今回は9000系を使用する。
  • 「二代目」となる「L-train」のイメージ。今回は9000系を使用する。
  • 2010年から2013年まで運行された「初代」の「L-train」(左)。3000系が使用された。
西武鉄道は1月17日から、9000系電車を使用したラッピング車「L-train(エルトレイン)」を運行する。

「L-train」は、車体をプロ野球球団「埼玉西武ライオンズ」のチームカラーである濃紺(レジェンドブルー)に塗り、チームロゴで装飾したラッピング車両。2010年7月から2013年12月まで、3000系電車8両編成1本(3015編成)を使用して運行された。

西武鉄道と西武ライオンズの発表によると、ライオンズファンや沿線利用者から「また『L-train』を運転してほしい」といった声があり、これを受けて復活させることにしたという。

今回は9000系の10両編成1本(9108編成)を使用。1月17日から約3年間、池袋線や狭山線、新宿線、拝島線などで運行する。車体側面の号車表示は野球のボールをモチーフにしたものにするなど、前回の「L-train」のデザインを踏襲する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

    デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  4. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  5. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  6. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  7. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  8. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

  9. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

  10. JR東日本、山手線新型電車の本格投入は来春から…現在の車両は中央・総武緩行線へ

アクセスランキングをもっと見る