アウディ ジャパン、新型Q7 を3月下旬より販売開始…804万円より

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ Q7
  • アウディ Q7
  • アウディ Q7
アウディ ジャパンは、初のフルモデルチェンジとなる最上級SUVモデル、新型『Q7』を3月下旬より発売する。

新型Q7はドアやフロントフェンダー、エンジンフード、リアゲートにアルミ素材を使用するなどし、初代比で車両重量を最大300kg削減した。同時にCd値も最高0.31を達成するなど、走行抵抗を大幅に減らし、運動性能、燃費効率を改善している。

ボディサイズは、初代と比べると、全長が若干短くなり、全幅も狭くなった。その一方、室内長は大きくなって、キャビンの居住性を改善。特にオプションの7シーターパッケージで提供される独立式の3列目シートは、ヘッドルーム、ショルダールームともにかなり広くなっている。

エクステリアは、筋肉質で力強さが感じられる新しいデザインを採用。Qシリーズトップモデルにふさわしい堂々たる佇まいを実現している。一方インテリアでは、プレミアムSUVとしてのエクスクルーシブな上質感とともに、視覚的な軽快感、スポーティ感が強調されている。

エンジンは2タイプのスーパーチャージャー付き直噴ガソリンエンジンを用意。最高出力は、Q7シリーズ初の4気筒となる2.0リットルが252ps、V6 3.0リットルが333ps。小型軽量化した8速ティプトロニックとクワトロシステムとの組み合わせで、卓越した運動性能とクラストップレベルの燃費効率を両立する。

安全面では、自動ブレーキを含めた「アウディプレセンス シティ」、衝突の危険を察知して前席シートベルトのテンションを高める「アウディプレセンス ベーシック」、車線維持を助ける「アウディアクティブレーンアシスト」、駐車時のステアリング操作を助ける「パークアシスト」などの安全支援機能を全モデル標準装備する。

さらに、フルデジタルメーターのアウディバーチャルコクピット、大型タッチバッドを備えた最新世代のアウディMMI、各社スマートフォンとの接続を可能にしたアウディ コネクトといった先進装備を採用する。

価格は2.0TFSIクワトロが804万円、3.0TFSIクワトロが929万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

    【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  2. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

    ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  3. ポルシェ 911 史上最強!?「GT2 RS」がニュル降臨

    ポルシェ 911 史上最強!?「GT2 RS」がニュル降臨

  4. ポルシェ パナメーラ 新型、ニュルで7分38秒…高級セダン最速

  5. メルセデス Eクラスワゴン新型、欧州での受注を開始

  6. 【パリモーターショー16】スマート 新型にEV、初公開へ

  7. アウディ RS3 に400馬力セダン! ニュルで高速テスト

  8. 【パリモーターショー16】シュコダの新SUV、コディアック…ワールドプレミアへ

  9. 【プラントメンテナンスショー16】ヤマハの子会社、ゴルフカートの改造車で新たな需要を

  10. ホンダ アコード、米国で2017年型…スポーティ仕様登場

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら