【オートモーティブワールド16】セグウェイより手軽? ミツバのシンプルなアシストウォーカー、試乗可能

自動車 ニューモデル モビリティ

ミツバの薄型駆動ユニット(インホイールタイプ)によるアシストウォーカー(参考出品)
  • ミツバの薄型駆動ユニット(インホイールタイプ)によるアシストウォーカー(参考出品)
  • ミツバの薄型駆動ユニット(インホイールタイプ)によるアシストウォーカー(参考出品)
  • ミツバの薄型駆動ユニット(インホイールタイプ)によるアシストウォーカー(参考出品)
  • ミツバの薄型駆動ユニット(インホイールタイプ)によるアシストウォーカー(参考出品)
  • ミツバの薄型駆動ユニット(インホイールタイプ)によるアシストウォーカー(参考出品)
  • ミツバの薄型駆動ユニット(インホイールタイプ)によるアシストウォーカー(参考出品)
ミツバは、インホイールタイプの薄型駆動ユニットを組んだアシストウォーカーを「オートモーティブワールド2016」で参考出品。同社スタッフは「いろいろな用途がイメージできる。使い方や将来性は、ぜひブースで試乗して想像してほしい」と伝えていた。

後輪にインホイール駆動ユニットを2個組み、サドル下にバッテリーを積んだこのアシストウォーカーは、最高速度6km/h、1時間の充電で6km走るという。

「バイクと同じく、右のスロットルで走り、左のブレーキレバーで止まる。バイクにはないのが後進。スイッチで切り替えて、ゆっくりとバック走行もできる。制動は後輪のモーターで行われるため、前輪は何も付いていない」(同)

実際に乗ってみると、ブレーキングが楽しい。自転車やバイクのように、回っている車輪を物理的に止めるのではなく、後輪のモーターがググググと磁力で動きを止めている感覚が体感できる。

スタッフは「後輪の状況は、ハンドル部分に収まるスマホで確認できる。周囲をよく見ながら、スマホに表示されるスピードや電池残量、アシスト量なども確認してみて」とも話していた。


《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. 【インタビュー】

    【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  5. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  6. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  7. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  8. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  9. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  10. スバル WRX S4 / STI 一部改良、インテリアの質感や静粛性を向上

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら