リクルートテクノロジーズ、民間月面探査チーム「ハクト」とパートナー契約を締結

宇宙 企業動向

月面探査ローバー
  • 月面探査ローバー
リクルートテクノロジーズは、Googleによる賞金総額3000万ドルの国際宇宙開発レースに挑戦するispaceが運営する日本初の民間月面探査チーム「ハクト」とコーポレートパートナー契約を締結した。

ハクトとリクルートテクノロジーズは、月面探査ローバーのステータスデータ、月面の環境データのビックデータ解析、システムの自動検知・自動制御の技術で連携し、世界初の民間による月面探査を目指す。

ハクトは、月面に民間開発の無人探査機を着陸させ500m以上走行、高解像度の動画や静止画データを地球に送信するミッションの達成に向けた月面探査ローバーを開発中。米国宇宙開発企業のアストロボティック・テクノロジーと月面輸送契約を結び、コンテスト期限である2017年末までの打ち上げを予定している。

月面でのミッションでは、様々なステータスデータを解析、即時に状況を把握し、月面での次のアクションを判断していく必要がある。

リクルートテクノロジーズが持つビッグデータ解析における実績と知見を活用し、月面探査ローバーのステータスや、月面環境に関するデータ解析、システムの「自動制御」や「自動検知」といった観点から、技術的サポートやアドバイス提供を行う予定。

また、「HAKUTO SUPPORTERS CLUB」のためのコミュニケーション・プラットフォームの構築、両社のエンジニアの技術交流会や講演会など、相互の技術交流を促進、データ解析と月面探査の両分野で技術発展を促す取り組みを継続的に実施していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

    金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  2. ジャパンホームシールド、JAXAと月面でも利用可能な地盤調査技術を共同研究

    ジャパンホームシールド、JAXAと月面でも利用可能な地盤調査技術を共同研究

  3. 先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

    先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

  4. 130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

  5. 金星探査機「あかつき」、金星雲の微細な凹凸の可視化に成功

  6. 国立天文台など、太陽系外惑星「K2-28b」を発見…地球の2.3倍、170光年先

  7. JAXA 光学地球観測衛星と光通信衛星をコラボ運用…2019年打ち上げを目指す

  8. 宇宙ミュージアムTeNQ 開業2周年、新海誠監督とのコラボ企画展…7月1日~11月6日

  9. 文部科学省、X線天文衛星「ひとみ」の異常要因分析を検証する小委員会を設置

  10. JAXA、金星探査機「あかつき」が軌道修正を実施…観測期間を延長

アクセスランキングをもっと見る