【オートモーティブワールド16】マツダのエンジンカバーからタミヤRCのシャーシまで…東洋紡の軽量素材

自動車 ビジネス 企業動向

繊維強化プラスチックや発泡成形用素材などを展示した東洋紡(オートモーティブワールド2016/東京ビッグサイト/2016年1月13日)
  • 繊維強化プラスチックや発泡成形用素材などを展示した東洋紡(オートモーティブワールド2016/東京ビッグサイト/2016年1月13日)
  • 繊維強化プラスチックや発泡成形用素材などを展示した東洋紡(オートモーティブワールド2016/東京ビッグサイト/2016年1月13日)
  • 繊維強化プラスチックや発泡成形用素材などを展示した東洋紡(オートモーティブワールド2016/東京ビッグサイト/2016年1月13日)
  • 繊維強化プラスチックや発泡成形用素材などを展示した東洋紡(オートモーティブワールド2016/東京ビッグサイト/2016年1月13日)
東洋紡は、15日まで開催している「オートモーティブワールド2016」で、発泡成形用「グライマイド」を採用したマツダ車向けエンジンカバーや、プレス成形用GF複合材料「クイックフォーム」を使ったタミヤ向けラジコンシャーシなどを展示した。

耐熱性、耐磨耗性、自己消火性、耐油性などを持つグラマイドでつくられたマツダ車向けエンジンカバーについて、「通常の樹脂製エンジンカバーよりもさらに軽量化することで燃費改善に貢献。従来品よりも3割ほど軽くなった」と同社スタッフはいう。ブースには、エンジンカバーの従来モデルと新素材モデルの重量を比較できるコーナーも設置されていた。

また、耐衝撃性、高強度、高弾性を持つクイックフォームの採用実績として、タミヤのワークスチームが展開するラジコンカーシャーシキット「TRF 211XM」の一部が展示されていた。

クイックフォームが採用されているパーツは、TRF 211XMのバスタブシャーシ。同社スタッフは、「従来のアルミ製モデルの重さが223gだったのに対し、このクイックフォーム素材モデルは120gと約半分。マシンの軽量化、スピードアップに貢献した。オフロードを走るラジコンカーには、しなやかさと高い剛性が求められる。曲げ強度や曲げ弾性率も高いこの素材で、タミヤのラジコンがさらに速くなるはず」と話していた。

このクイックフォームは、「リアルなクルマのなかにも進出する予定」(同)という。「正面・側面の衝突エネルギー吸収や、ABCピラーの補強、バンパービーム、エンジンアンダーカバーなどを想定用途としている」とも話していた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

    レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

  2. 【節約絶景ドライブ】見どころが多すぎる!? 石川県・能登半島編

    【節約絶景ドライブ】見どころが多すぎる!? 石川県・能登半島編

  3. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  4. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  5. 【JNCAP2015】表彰式に眞鍋かをりさん「買うクルマの安全性わかるのは良いこと」」

  6. 【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  8. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  9. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  10. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

アクセスランキングをもっと見る