ランボルギーニ、世界販売が史上最高の3245台を記録…2015年

自動車 ビジネス 海外マーケット

ランボルギーニ ウラカン LP580-2
  • ランボルギーニ ウラカン LP580-2
  • ステファン・ヴィンケルマン社長兼CEO
アウトモビリ・ランボルギーニは、2015年の世界販売台数が前年比28%増の3245台と、同社史上最高を記録したと発表した。

2015年はすべての主要地域で販売台数は増加し、米国とアジア太平洋地域では新記録を達成。日本国内でも前年の170台から304台へと大幅な伸びを示した。

好調な販売の要因となったのは、『ガヤルド』の後継機種として市場導入した10気筒モデル『ウラカン』の成功があげられる。発売初年度におけるウラカンの販売台数は2242台。市場導入後18か月の売上はガヤルドを70%上回った。12気筒モデルの『アヴェンタドール』も1003台を販売。市場導入後52か月の売上は先行モデル『ムルシエラゴ』と比較して124%増となっており、好調なセールスが続いている。

また、2015年は多くの新モデルが発表された、ランボルギーニにとって記念すべき年となった。3月のジュネーブモーターショーでは、フラッグシップスーパーカー『アヴェンタドール LP750-4 スーパーヴェローチェ』のクーペモデルを初公開し、8月の米国モントレー・カーウィークでは、同モデルのロードスターも披露。クーペ500台、ロードスター600台の限定生産枠はすべて受注済みとなっている。

ランボルギーニは、2016年春に『ウラカン LP610-4スパイダー』および後輪駆動の『ウラカン LP580-2』を全世界の市場へ導入。さらに2018年にはSUVモデル『ウルス』の導入も予定。モデルレンジの拡充を図り、さらなる成長を目指していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

    【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  2. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

    マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

  3. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

    【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  4. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  5. ボッシュ、VW問題に声明「メーカー指定の部品を供給しただけ」

  6. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  7. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  8. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  9. マツダ小飼社長「身の丈を超えた背伸びできない」…いすゞ製ピックアップ調達で

  10. トヨタの欧州販売、5.6%増の47万台…2年ぶり増加 上半期

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら