ヒュンダイ エラントラ、米国でリコール15万台…ESCに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット

ヒュンダイ・エラントラ
  • ヒュンダイ・エラントラ
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)の主力コンパクトカー、『エラントラ』。同車が米国において、約15万台のリコール(回収・無償修理)を実施する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカから、エラントラについてのリコールの届け出を受けた」と発表している。

今回のリコールは、安全装備のESCの不具合によるもの。NHTSAによると、エラントラのESCセンサーに不具合があり、ESC警告灯ともに、ブレーキが突然作動。車両の制御が乱れ、事故のリスクが高まるという。

対象となるのは、2011-2012年モデルのエラントラ。米国で販売された15万5000台が、リコールに該当する。

ヒュンダイは、対象車を保有する顧客に通知。販売店において、ESCのソフトウェアを更新するリコール作業を行う予定。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

    スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

  3. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

    【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  4. 【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

  5. スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

  6. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  7. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  8. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

  9. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  10. ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

アクセスランキングをもっと見る