【オートモーティブワールド16】通勤電車の路線表示事情…16対9をカット、レイアウトバランスや輝度に注目

自動車 ビジネス 企業動向

ソレキアのブースで展示されたLITEMAX社製車載モニタ(オートモーティブワールド2016/東京ビッグサイト/2016年1月13日)
  • ソレキアのブースで展示されたLITEMAX社製車載モニタ(オートモーティブワールド2016/東京ビッグサイト/2016年1月13日)
  • ソレキアのブースで展示されたLITEMAX社製車載モニタ(オートモーティブワールド2016/東京ビッグサイト/2016年1月13日)
ソレキア(東京都大田区)は、路線バスや通勤電車に使われているLITEMAX社製車載モニタを展示。「東武東上線などの電車にも採用されている」という38インチSpanpixelリサイズLCD、48.4インチ同を並べ、輝度による見え方の違いや表示の仕組みを紹介していた。

ブースでは、2台のモニタに東京メトロ丸ノ内線とJR山手線の路線案内を表示。同社スタッフは、「これはあくまでデモ。横1920、16対9のフレームで、こうした情報を制作すると、レイアウトのバランスや表示の“切れ方”にも違いが出る」という。

「制作サイドは、16対9のモニターで、16対3や16対4.2のウルトラワイドスクリーンの表示情報をつくっている。だから、こうした表示の上下に、見えない部分(Invisible area)が隠れていることがあまり知られていない」(同)

今回展示された2つのモニタの、丸ノ内線の路線図には、16対4.2のモニターにすべての和文駅名が表示され、それより細い16対3には駅名表示をカットした英文駅名のみの路線図がバランスよく配置されていた。

同社は、こうした横長モニターに、イメージどおりにレイアウト配置できるディスプレイモジュールのメリットと、輝度の高さをアピールしていた。同スタッフは「路線バスなどの社内は、昼間の走行中は自然光が多く入る。明るいディスプレイのよさも、この展示で伝えたい」とも話していた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

    カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

  3. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

    トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  4. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  5. 富士重、スバル自動車保険プランを5年ぶりにリニューアル…サービス拡充

  6. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  7. オリックス、カーシェア車両に セレナハイブリッド 30台を導入

  8. GM、コルベット の工場に投資…より柔軟な生産体制へ

  9. 英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

  10. マツダ ロードスター に「宮古島」仕様

アクセスランキングをもっと見る