千葉モノレール、「逆さま」ラッピング車を運行…1月15日から

鉄道 企業動向

1月15日から運行される「ノモちゃん号」のイメージ。千葉モノレールのマスコットキャラクター「モノちゃん」などを逆さまにして車体を装飾する。
  • 1月15日から運行される「ノモちゃん号」のイメージ。千葉モノレールのマスコットキャラクター「モノちゃん」などを逆さまにして車体を装飾する。
  • 「ノモちゃん号」は1000形の第10編成を使用する。
  • 千葉都市モノレールが発表した「ノモちゃん号」のデザインは0形電車に似ているが、実際に使用するのは1000形になる。写真は0形。
千葉都市モノレールは1月15日から、「逆さまラッピングモノレール『ノモちゃん号』」を運行する。

「ノモちゃん号」は1000形電車の2両編成1本(第10編成)を使用。逆さまにした各種キャラクターのイラストで、第10編成の車体を装飾する。愛称は千葉都市モノレールのマスコットキャラクター「モノちゃん」の名前に逆さまにした。出発式は1月15日の11時05分から11時13分まで、千葉駅の3・4番線ホームで実施。11時13分発の千城台行きとして発車する。

千葉都市モノレールは、千葉市内の1号線千葉みなと~千葉~県庁前間3.2kmと2号線千葉~千城台間12.0kmのモノレール線を運営する第三セクター。車両が軌道桁にぶら下がる懸垂式のうち、箱形の軌道桁に車輪を入れて走行するサフェージュ式を採用している。懸垂式を採用しているモノレールは、国内では千葉都市モノレールと東京都交通局上野懸垂線(上野動物園モノレール)、湘南モノレールの3社局のみ。このうちサフェージュ式を採用しているのは、千葉都市モノレールと湘南モノレールの2社しかない。

千葉都市モノレールの発表によると、サフェージュ式という「特殊な構造」が海外でも話題になっているという。懸垂式モノレールとしては営業距離が世界最長というギネス世界記録とあわせて「逆さまラッピングモノレール」を国内外に宣伝し、集客や市内観光の充実につなげていきたいとしている。
《草町義和》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品