【オートモーティブワールド16】CESで発表のNVIDIA DRIVE PX2が早くも公開

自動車 ビジネス 企業動向

NVIDIA DRIVE PX2
  • NVIDIA DRIVE PX2
  • エヌビディア 展示ブース
  • エヌビディア 展示ブース
  • エヌビディア 展示ブース
エヌビディアが米ラスベガスで開催されたCES(コンシューマーエレクトロニクスショー)16で製品発表した自動運転車向けエンドツーエンド ディープラーニング プラットフォーム『NVIDIA DRIVE PX2』が早くも日本国内でも技術展示されている。

エヌビディアの日本代理店を務めるトーメンエレクトロニクスが出展しているもので、12個のビデオカメラやライダー、レーダー、超音波センサーなどを処理することで、車両の位置を正確に特定するとともに、車両周囲の障害物を認識、その条件の中で安全走行できる最適経路を算出することができるという。

エヌビディアはディープラーニング プラットフォームとして、すでに『DRIVE PX』をリリースしているが、トーメンエレクトロニクスの中城正信氏によると「DRIVE PX2ではSoCがアップグレードされて、処理能力が向上するとともに、それに載るソフトウェアも充実している」という。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

    富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

  2. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  3. 日産 アルティマ、米国で再リコール84万台…走行中にボンネットが開く恐れ

    日産 アルティマ、米国で再リコール84万台…走行中にボンネットが開く恐れ

  4. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  5. マツダ ロードスター に「宮古島」仕様

  6. カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

  7. 米スバルのSUV、トライベッカ がリコール…走行中にボンネットが開く恐れ

  8. 富士重、スバル自動車保険プランを5年ぶりにリニューアル…サービス拡充

  9. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  10. ホンダ、サステナビリティレポート 2016を発行…日本企業で初めてGRIが検証・証明

アクセスランキングをもっと見る