【オートモーティブワールド16】CESで発表のNVIDIA DRIVE PX2が早くも公開

自動車 ビジネス 企業動向

NVIDIA DRIVE PX2
  • NVIDIA DRIVE PX2
  • エヌビディア 展示ブース
  • エヌビディア 展示ブース
  • エヌビディア 展示ブース
エヌビディアが米ラスベガスで開催されたCES(コンシューマーエレクトロニクスショー)16で製品発表した自動運転車向けエンドツーエンド ディープラーニング プラットフォーム『NVIDIA DRIVE PX2』が早くも日本国内でも技術展示されている。

エヌビディアの日本代理店を務めるトーメンエレクトロニクスが出展しているもので、12個のビデオカメラやライダー、レーダー、超音波センサーなどを処理することで、車両の位置を正確に特定するとともに、車両周囲の障害物を認識、その条件の中で安全走行できる最適経路を算出することができるという。

エヌビディアはディープラーニング プラットフォームとして、すでに『DRIVE PX』をリリースしているが、トーメンエレクトロニクスの中城正信氏によると「DRIVE PX2ではSoCがアップグレードされて、処理能力が向上するとともに、それに載るソフトウェアも充実している」という。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  2. JR名古屋駅南に400台収容の立体駐車場---極東開発が建設

    JR名古屋駅南に400台収容の立体駐車場---極東開発が建設

  3. 【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

    【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

  4. プリウスの乗り心地を再現したコーヒーが完成…トヨタ×BLUE BOTTLE COFFEE

  5. スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

  6. 日産、グローバル生産・販売ともに過去最高を更新 2016年上半期実績

  7. トヨタ、国内販売が4か月連続のプラス 6月実績

  8. マツダ、世界生産台数が5年連続プラス 2016年上半期実績

  9. 400Gの加速度を多点計測できるシステム---ZMPが発売

  10. 日産 セントラ、米国でリコール…エンジン停止のおそれ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら