【オートモーティブワールド16】GMS、24時間センシングを実現する簡単装着のIoTデバイスを初公開

自動車 テクノロジー ITS

グローバルモビリティサービス(オートモーティブワールド16)
  • グローバルモビリティサービス(オートモーティブワールド16)
  • グローバルモビリティサービス(オートモーティブワールド16)
  • MCCS
  • MCCS mini
  • グローバルモビリティサービス(オートモーティブワールド16)
  • グローバルモビリティサービス(オートモーティブワールド16)
  • グローバルモビリティサービス(オートモーティブワールド16)
グローバルモビリティサービス(GMS)は、1月13日から15日に東京ビッグサイトで開催される「オートモーティブ ワールド 2016 第4回 コネクティッド・カー EXPO」に出展する。

GMSブースでは、同社独自のIoTデバイス2種類を展示。車両の遠隔制御を実現する「MCCS」に加え、新開発の「MCCS mini」を初公開する。

MCCS miniは3Gモジュールを搭載し、自動車等モビリティの様々な情報を24時間リアルタイムでセンシングできるIoTデバイス。GPSと加速度センサーを搭載し、位置情報のほか、危険運転検知、盗難検知など、モビリティの管理からリスク回避まで、様々なIoTサービスを提供する。また、取り付けは自動車の場合シガーソケットやヒューズボックスにプラグを差し込むだけ。プラグを差したその瞬間から通信が始まり、情報センシングを行うことができる。

そのほか同社ブースでは、オートファイナンス与信省略やセキュリティ、車両マネージメント、車両提供など、GMSが提供する各種IoTサービスを紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品