【オートモーティブワールド16】過去最多781社が出展し開幕…技術セミナー100講演 15日まで

自動車 ビジネス 企業動向

オートモーティブワールド 2016 開会式
  • オートモーティブワールド 2016 開会式
  • オートモーティブワールド 2016 開会式
  • リードエグジビションジャパン 石積忠夫 社長
  • オートモーティブワールド 2016 開会式
  • オートモーティブワールド 2016 開会式
  • オートモーティブワールド 2016 開会式
  • オートモーティブワールド 2016 開会式
  • オートモーティブワールド 2016 開会式
最新の自動車技術を一堂に集めたアジア最大規模の展示会「オートモーティブワールド2016」が1月13日、東京ビッグサイトで開幕した。

オートモーティブワールド2016は国際カーエレクトロニクス技術展、EV・HV駆動システム技術展、クルマの軽量化技術展、コネクティッド・カーEXPO、自動車部品加工EXPOの5つの展示テーマで構成される。

回を重ねるごとに出展者やテーマも増えており、今回は完成車メーカーやティア1サプライヤーを始めとする国内外から781社が出展。前回から141社増えて過去最高となる。一方、設計・開発工程の仮想化の急拡大を受けて設計・開発ソリューションゾーンを特別展示ゾーンに新設した。

オートモーティブワールドはこうした最新技術の展示だけでなく、実際の商談の場としても活用されているほか、完成車や半導体メーカーなどの第一人者や技術者らによるセミナーの開催も特徴となっている。このうちセミナーではクルマの軽量化をテーマにしたものを新たに設けたのを始め、自動運転や燃料電池車、コネクティッド・カー、セキュリティなど全100講演を予定。すでに満席となっているテーマも多くあるという。

会期初日の開場前に特設会場で行われたテープカットでは、主催者を代表してリードエグジビションジャパンの石積忠夫社長があいさつし、「オートモーティブワールドは2009年に第1回を開催して以来、毎年、毎年規模を拡大している。ご来場者の皆様には是非真剣に製品を比較して導入して頂きたい。また出展者の方々には積極的に売り込んで頂きたい。それによって自動車業界が活性化され、発展が加速されるものと信じている」と述べた。

テープカットには、完成車メーカーを始め自動車部品メーカー、さらに半導体メーカーのトップや役員らが参列した。オートモーティブワールド2016は1月15日までの3日間にわたり開催される。技術セミナーも連日、各種の講演が予定されている。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

    マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  2. お盆期間中の「バスタ新宿」、1日平均利用者数3万6000人

    お盆期間中の「バスタ新宿」、1日平均利用者数3万6000人

  3. 最強高度9H、自動車用ボディコーティング…Ceramic PRO 9H

    最強高度9H、自動車用ボディコーティング…Ceramic PRO 9H

  4. 全国初のフィアット/アバルト店舗オープン 9月3日

  5. トヨタ、レクサス専用の部品センターを開所…米アトランタ

  6. ホンダ、米サウスカロライナ工場に投資…ATV増産へ

  7. 東洋ゴム、免震ゴム不正に関する株主代表訴訟 株主・元取締役の双方に「補助参加しない」

  8. FCA、米工場で新プレスラインが稼働…世界最大規模

  9. デンソーの人工知能プロジェクト…ポイントはDNN、小電力、共通化

  10. マツダ ロードスター 新型、先行受注予約したユーザーに贈る開発者の「感謝と思い」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら