紫綬褒章・野町和嘉の写真展「天空の渚」 1月15日から

エンターテインメント イベント

野町和嘉の作品を展示する「天空の渚」がGallery 916で開催
  • 野町和嘉の作品を展示する「天空の渚」がGallery 916で開催
紫綬褒章受章者であるドキュメンタリー写真家・野町和嘉の作品を展示する「天空の渚」が1月15日より、東京・港区のGallery 916で開催される。

同展では、2015年初頭に野町がメキシコ、ボリビア、チリ、アルゼンチンを訪れたときの作品を展示。特別に撮影許可が得られたサンタマリア・トナンツィントラ教会、雨期のウユニ塩原、標高4000メートルの原野に林立する砂の柱、生きた氷河と呼ばれるアルゼンチンのペリト・モレノ氷河など、これまで写真家が撮影したことがない風景、知られていない光景を求め極限高地を旅し、出会った全ての光景を写真に収めた。また、1月17日、31日の14時からはトークベントも実施される予定。

1971年にフリーランスの写真家となった野町和嘉は、72年にサハラ砂漠に旅したことをきっかけに、ナイル川流域、エチオピア、グレート・リフト・バレーなど、アフリカを広く取材した。そして80年代後半からは、中近東、アジアに移し、中国、チベット、サウディアラビア、00年代以降は、アンデス、インド、イラン等を中心に取材を続ける。これらの成果は、各国での雑誌掲載、写真展、写真集出版を通して反響を呼び、『サハラ 空と砂の間で』『ナイル』『チベット 天の大地』『メッカ巡礼』『地球巡礼』など多くの写真集も国際共同出版された。後に、土門拳賞、芸術選奨文部大臣新人賞、日本写真協会国際賞など多数の賞を受賞し、09年には、紫綬褒章を受章した。

【イベント情報】
「野町和嘉『天空の渚』」
会場:Gallery 916
住所:東京都港区海岸1-14-24
会期:1月15日~2月14日
休館日:月曜日(祝日を除く)
時間:平日 11:00~20:00、土日・祝日 11:00~18:30(最終日のみ17:00まで)
料金:無料

誰も見たことない、天空の彼方を旅するドキュメンタリー写真家・野町和嘉の個展

《HEW》

特集

おすすめの商品

エンターテインメント アクセスランキング

  1. 9つのおねがい---「ポケモンGO」について政府が注意喚起

    9つのおねがい---「ポケモンGO」について政府が注意喚起

  2. ドロドロの矢口真里「怖いんですけど!」…青山通りに有明海の干潟

    ドロドロの矢口真里「怖いんですけど!」…青山通りに有明海の干潟

  3. スピルバーグ34年ぶりのファンタジー『BFG』最新メイキングが到着

    スピルバーグ34年ぶりのファンタジー『BFG』最新メイキングが到着

  4. 【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

  5. 【GARMIN ForeAthlete230J インプレ前編】専門的すぎないのが魅力、ランニング用GPSウォッチ

  6. 【GARMIN fenix 3J HR インプレ前編】装着するだけで心拍数も測れるfenix…多くのアクティビティに対応

  7. 夏だ、プールだ、デートだ!!…着て欲しい水着&ドン引きする水着

  8. 【GARMIN vivofit3 インプレ中編】歩いたり走ったり、日常的なアクティビティに特化したライフログバンド

  9. 【GARMIN vivosmart HR J インプレ後編】常時心拍計測で始まる健康管理生活

  10. Apple iOS正規アプリがマルウェアに変身する、おそるべき「Masque Attack」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら