ZMP、10分の1スケールロボットカーの2016年モデル発売…自動運転車研究開発向け

自動車 ビジネス 企業動向

ZMP RoboCar 1/10 2016
  • ZMP RoboCar 1/10 2016
  • 開発・実験イメージ
  • 開発・実験イメージ
ZMPは1月12日、自動運転車などの研究開発向け実車10分の1スケールロボットカー「RoboCar 1/10 2016」の受注を開始した。

新製品は、2009年に販売を開始した自動車/部品メーカー、大学等研究教育機関向けロボットカー「RoboCar1/10シリーズ」の最新モデル。2016年モデルはオンボード開発対応、ディスク容量の増強、最新WiFi対応などにより、従来製品に比べ開発環境が充実。よりスムーズな研究開発・実験が可能となる。

外界センサとして、単眼カメラ(×1)、赤外線センサ(×8)、レーザレンジセンサ(最大×2、オプション)を搭載し、車両周囲のセンシングに利用できるほか、加速度・ジャイロセンサ、エンコーダ(車輪×4、モータ×1、ステアリング×1)を搭載し、車両の挙動や走行距離の把握もできる。

また、各種センサ情報の取得、速度・操舵角制御、通信などのライブラリを用意。各種ライブラリを用いて自由にアプリケーションを開発することができ、自動運転や遠隔操縦、センシングなどの研究開発に活用できる。

価格(税別)は一般80万円、アカデミック68万円。なお新製品は1月13日から東京ビッグサイトで開催される「オートモーティブワールド2016」にて展示を行う。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  3. 【インタビュー】メルセデスベンツの悩みが純正サウンドチューンパックを生み出した

    【インタビュー】メルセデスベンツの悩みが純正サウンドチューンパックを生み出した

  4. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  5. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  6. アウディの世界販売、メルセデスとBMWを抑える…4月

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】車両側センサーでダンパーを可変させる電子制御サスを公開…ショーワ

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  9. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  10. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

アクセスランキングをもっと見る