ZMP、10分の1スケールロボットカーの2016年モデル発売…自動運転車研究開発向け

自動車 ビジネス 企業動向

ZMP RoboCar 1/10 2016
  • ZMP RoboCar 1/10 2016
  • 開発・実験イメージ
  • 開発・実験イメージ
ZMPは1月12日、自動運転車などの研究開発向け実車10分の1スケールロボットカー「RoboCar 1/10 2016」の受注を開始した。

新製品は、2009年に販売を開始した自動車/部品メーカー、大学等研究教育機関向けロボットカー「RoboCar1/10シリーズ」の最新モデル。2016年モデルはオンボード開発対応、ディスク容量の増強、最新WiFi対応などにより、従来製品に比べ開発環境が充実。よりスムーズな研究開発・実験が可能となる。

外界センサとして、単眼カメラ(×1)、赤外線センサ(×8)、レーザレンジセンサ(最大×2、オプション)を搭載し、車両周囲のセンシングに利用できるほか、加速度・ジャイロセンサ、エンコーダ(車輪×4、モータ×1、ステアリング×1)を搭載し、車両の挙動や走行距離の把握もできる。

また、各種センサ情報の取得、速度・操舵角制御、通信などのライブラリを用意。各種ライブラリを用いて自由にアプリケーションを開発することができ、自動運転や遠隔操縦、センシングなどの研究開発に活用できる。

価格(税別)は一般80万円、アカデミック68万円。なお新製品は1月13日から東京ビッグサイトで開催される「オートモーティブワールド2016」にて展示を行う。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

    4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  2. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

    スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

  3. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

    国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  4. クサくないタクシー「ファブタク」発進!…日本交通とファブリーズがコラボ

  5. ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

  6. ホンダの総生産台数、14か月ぶりのマイナス…4.3%減の37万2472台 7月実績

  7. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  8. マツダ、世界生産台数が3か月連続マイナス 7月実績

  9. ダイハツ、国内販売10.7%増の4万7897台 7月実績

  10. スバル富士重、世界生産台数が9か月ぶりのマイナス…国内稼働日数減少 7月実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら