ZMP、10分の1スケールロボットカーの2016年モデル発売…自動運転車研究開発向け

自動車 ビジネス 企業動向

ZMP RoboCar 1/10 2016
  • ZMP RoboCar 1/10 2016
  • 開発・実験イメージ
  • 開発・実験イメージ
ZMPは1月12日、自動運転車などの研究開発向け実車10分の1スケールロボットカー「RoboCar 1/10 2016」の受注を開始した。

新製品は、2009年に販売を開始した自動車/部品メーカー、大学等研究教育機関向けロボットカー「RoboCar1/10シリーズ」の最新モデル。2016年モデルはオンボード開発対応、ディスク容量の増強、最新WiFi対応などにより、従来製品に比べ開発環境が充実。よりスムーズな研究開発・実験が可能となる。

外界センサとして、単眼カメラ(×1)、赤外線センサ(×8)、レーザレンジセンサ(最大×2、オプション)を搭載し、車両周囲のセンシングに利用できるほか、加速度・ジャイロセンサ、エンコーダ(車輪×4、モータ×1、ステアリング×1)を搭載し、車両の挙動や走行距離の把握もできる。

また、各種センサ情報の取得、速度・操舵角制御、通信などのライブラリを用意。各種ライブラリを用いて自由にアプリケーションを開発することができ、自動運転や遠隔操縦、センシングなどの研究開発に活用できる。

価格(税別)は一般80万円、アカデミック68万円。なお新製品は1月13日から東京ビッグサイトで開催される「オートモーティブワールド2016」にて展示を行う。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  2. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  3. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

    【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  4. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  5. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  6. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  7. ダイハツ、企業情報サイトを刷新…スマホにも対応

  8. 日産、リコール対象車の入庫を促進…未実施車のバックドアで負傷事故発生

  9. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

  10. 高齢者向けタクシー定期券を再開…福岡市内全域に拡大

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら