【デトロイトモーターショー16】フィスカー カルマにコルベットのV8、ディスティノ…改良版を初公開へ

自動車 ニューモデル 新型車

ヘンリック・フィスカー氏(右端)を迎えて新社名で再出発したVLFオートモーティブとディスティノ
  • ヘンリック・フィスカー氏(右端)を迎えて新社名で再出発したVLFオートモーティブとディスティノ
米国の自動車ベンチャー、VLFオートモーティブは1月8日、米国で1月11日(日本時間1月11日深夜)に開幕するデトロイトモーターショー16において、『ディスティノ』(DESTINO)の改良モデルを初公開すると発表した。

VLFオートモーティブ(旧VLオートモーティブ)は2012年、元GM副社長で、シボレー『ボルト』の開発を主導したことで知られるボブ・ラッツ氏が、実業家のギルバート・ビレリアル氏らと立ち上げた自動車ベンチャー企業。その第一号車として2013年1月、デトロイトモーターショー13で発表されたのが、ディスティノ。

ディスティノは4ドアのスポーツカー。そのデザインは、米国フィスカーオートモーティブのプラグインハイブリッド(PHV)4ドアスポーツ、『カルマ』に似ている。それもそのはず。このプロジェクトには、フィスカー創業者のヘンリック・フィスカー氏も協力しており、ディスティノはカルマをベースに開発された。

カルマとの最大の違いは、パワートレイン。PHVシステムを降ろし、GMの先代シボレー『コルベット』の最強グレード、「ZR1」用のLS9型V型8気筒ガソリンエンジンに載せ替えた。6.2リットルV8スーパーチャージャーは、最大出力638hpを発生する。

今回、VLオートモーティブは、車名をVLFオートモーティブに変更。新社名に冠された「F」は、フィスカー氏を意味し、同氏をデザインおよび商品戦略のトップに迎え、新体制で再出発を図った。

同時に、デトロイトモーターショー16では、ディスティノの改良モデルを初公開する計画。デザイン面を中心に、変更が施される予定だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

    【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

  2. VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

    VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

    【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  5. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…独自のデザイン哲学を表現

  6. 【スカニア 新型発表】サステイナブルな未来へ進化する大型トラック

  7. 歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

  8. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  9. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  10. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら