【デトロイトモーターショー16】シボレー カマロ 新型、「ZL1」追加か…高性能グレード

自動車 ニューモデル 新型車

シボレー カマロ 新型
  • シボレー カマロ 新型
  • シボレー カマロ 新型
  • デトロイトモーターショー16において、新型シボレーカマロZL1が初公開される可能性を伝えた『gm authority』
1月11日(日本時間1月11日深夜)、米国で開幕するデトロイトモーターショー16。同ショーにおいて、GMのシボレーブランドが、新型『カマロ』の高性能グレードを追加する可能性が出てきた。

これは、GMに関する情報サイト、『gm authority』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「シボレーがデトロイトモーターショー16において、新型『カマロZL1』を初公開する」と伝えている。

先代カマロZL1は2011年2月、シカゴモーターショー11でデビュー。6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンをスーパーチャージャーで過給し、パワフルなスペックを獲得していた。

その最大出力は580ps、最大トルクは76.9kgm。このスペックは当時、歴代カマロとして最強を誇っていた。

新型カマロは2015年5月、米国で発表。デトロイトモーターショー16で初公開される可能性のある「ZL1」が、新型のスポーツイメージを鮮明にする役割を担うことになりそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

    メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

  2. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

    【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  3. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  4. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  6. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  7. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  8. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  9. ボルボ XC60、装備充実の新グレード クラシック を追加

  10. マツダ ロードスター「RF」、米国発売記念車…1000台限定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら