【デトロイトモーターショー16】クライスラーの新型ミニバン、表情見えた

自動車 ニューモデル 新型車

クライスラーの新型ミニバンの予告イメージ
  • クライスラーの新型ミニバンの予告イメージ
1月11日(日本時間1月11日深夜)、米国で開幕するデトロイトモーターショー16。同ショーにおいて、FCA USのクライスラーブランドがワールドプレミアする新型ミニバンの予告イメージが公開された。

これは、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)が、公式サイトで明らかにしたもの。デトロイトモーターショー16で初公開するクライスラーの新型ミニバンについて、フロントグリルの予告イメージを配信している。

クライスラーのミニバンといえば、『タウン&カントリー』。同車は、米国ビッグ3(GM、フォードモーター、FCA US)の中で唯一、トラックベースではない乗用ミニバン。日本でも2010年まで、『(グランド)ボイジャー』の名前で販売されていた。

現行タウン&カントリーは2008年に登場。すでにデビューから7年が経過しており、米国ではホンダ『オデッセイ』(日本仕様とは異なる北米専用車)や、トヨタ『シエナ』に対して、販売面で押されぎみ。

クライスラーは、ミニバンというカテゴリーを創出したパイオニア的存在。デトロイトモーターショーの開幕直後のプレスカンファレンスにおいて、FCAのセルジオ・マルキオンネCEOが、満を持して新型ミニバンを初公開する。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品