【デトロイトモーターショー16】VW ティグアン 新型、市販PHVがデビューか

自動車 ニューモデル 新型車

VW ティグアンGTE(東京モーターショー15)
  • VW ティグアンGTE(東京モーターショー15)
  • VW ティグアンGTE(東京モーターショー15)
  • VW がデトロイトモーターショー16において、新型 ティグアン の市販PHVを発表する可能性を伝えた『ロイター』
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲン。同社が1月11日(日本時間1月11日深夜)、米国で開幕するデトロイトモーターショー16において、新型プラグインハイブリッド車(PHV)を初公開する可能性が出てきた。

これは1月8日、『ロイター』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「フォルクスワーゲンがデトロイトモーターショー16において、新型『ティグアン』のプラグインハイブリッド車を初公開する計画」と伝えている。

フォルクスワーゲンは2015年9月、フランクフルトモーターショー16において、新型ティグアンをワールドプレミア。同時に、PHVコンセプトカー、『ティグアン GTE』を初公開した。

ティグアンGTEは、1.4 リットル直列4気筒ガソリンエンジン「TSI」に、電気モーターを組み合わせたPHV。電気のみで走る「Eモード」では、最大50kmのゼロエミッション走行が可能。このEVモードの効果もあり、欧州複合モード燃費は52.6km/リットルを実現する。

日本時間1月11日深夜に開幕するデトロイトモーターショー16では、このティグアンGTEの市販版がデビューする可能性が出てきた。フォルクスワーゲングループは2015年秋のディーゼル不正問題以降、電動パワートレインへのシフトを発表。ティグアンGTEの市販モデルが、この戦略にとって重要な位置付けになると見られる。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品