【デトロイトモーターショー16】アウディ A4 新型、米国初公開…2.0ターボは252馬力

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ A4セダン 新型
  • アウディ A4セダン 新型
  • アウディ A4セダン 新型
  • アウディ A4セダン 新型
  • アウディ A4セダン 新型
  • アウディ A4セダン 新型
ドイツの高級車メーカー、アウディは1月7日、米国で1月11日に開幕するデトロイトモーターショー16において、新型『A4』を米国初公開すると発表した。

新型A4は2015年9月、フランクフルトモーターショー15でワールドプレミア。新型は5世代目に当たり、セグメントの新たな基準を目指して開発された。新型のボディサイズ(セダン)は、全長4726mm×全幅1842mm×全高1427mm、ホイールベースが2820mm。先代に対して、新型は25mm長く、16mmワイド、ホイールベースは10mmの延長。

ボディサイズ大型化の効果で、室内空間が拡大。先代に対して、新型は室内長が17mm伸びた。後席足元の空間は、23mm拡大。前席は、肩部分、頭上ともに、空間のゆとりが増えた。静粛性の面でも、クラストップレベルを追求している。

新型のハイライトのひとつが、軽量化。「アウディ・ウルトラ」として車両の軽量化に積極的に取り組むアウディだが、新型でも素材と構造の見直しにより、ボディサイズを若干大型化しながらも、先代比で最大120kgの軽量化を実現した。アウディによると、クラスで最も軽いモデルのひとつになるという。また、エアロダイナミクス性能も追求。新型の空気抵抗係数は0.23で、クラス最高を達成した。

米国仕様のエンジンは、ガソリンの「2.0TFSI」のみ。新開発の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボは、最大出力252hp、最大トルク37.7kgm。最大トルクは1600‐4500rpmの幅広い領域で引き出される。トランスミッションは7速Sトロニック。駆動方式はFFと4WDのクワトロが設定される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ポルシェジャパン、新型パナメーラ の予約受注を7月28日に開始…1591万円から

    ポルシェジャパン、新型パナメーラ の予約受注を7月28日に開始…1591万円から

  2. メルセデス AMG E63 S、これが612馬力の心臓だ!

    メルセデス AMG E63 S、これが612馬力の心臓だ!

  3. 日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

    日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

  4. 【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

  5. ルノー メガーヌCC 次世代型、市販モデルはこうなる

  6. ポルシェ パナメーラ 新型、初公開…4.0ツインターボは550馬力

  7. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  8. ジープ、生誕75周年記念モデルの第2弾を発売…ラングラーとグランドチェロキー

  9. シトロエン C3 新型の画像リーク、「エアバンプ」が見えた…正式発表せまる

  10. 生産終了のホンダ CR-Z、2リットルターボ搭載で復活か!?

アクセスランキングをもっと見る