大井川鐵道、今年は「門デフ」C11でナイトトレイン

鉄道 企業動向

大井川鐵道は1月23日と2月13日、通常は走らない夕暮れ~夜間にSLの走行が楽しめる「SLナイトトレイン」を運行する
  • 大井川鐵道は1月23日と2月13日、通常は走らない夕暮れ~夜間にSLの走行が楽しめる「SLナイトトレイン」を運行する
  • 下半部の板を省略した「門デフ」装備のC11 190(左)と、通常デフレクターのC11 190(右)。来年1月から3月までの期間限定で「門デフ」の190号機を運用する。
大井川鐵道は1月23日と2月13日、蒸気機関車の牽く列車で夜汽車の雰囲気が楽しめる「SLナイトトレイン」を運行する。通常はSL列車の走らない夕暮れから夜間の時間帯に臨時列車を運転する恒例のイベント。今年は「門デフ」仕様となっているC11形190号機を使用する予定という。

「門デフ」とは、蒸気機関車の先頭部両脇についている「除煙板」(デフレクター)の一種で、旧国鉄小倉工場で開発された「小倉工場式切取除煙板」の通称。小倉工場が門司鉄道管理局内にあったことから「門デフ」と呼ばれるようになった。大井川鐵道ではC11形蒸気機関車2両のうち、190号機を期間限定で「門デフ」に変更している。

「SLナイトトレイン」の運転区間は新金谷~千頭間で、新金谷駅を16時25分ごろ出発し、千頭駅では乗客限定の撮影会を実施。新金谷へは21時10分ごろに帰着する。2日間とも客車は4両編成で、荷物合造車(オハニ36形)を連結。荷物車内の見学もできる。

1月23日は往路のみ蒸気機関車が前後逆向きのバック運転となる。バック運転の場合、蒸気機関車の直後の客車は走行音の発生源である機関車のシリンダーにより近い場所となるため、大井川鐵道は「音鉄の方におすすめ」とPRしている。

参加費は大人1万500円・こども8500円(交通費・夕食・保険料を含む)。1月23日分は1月14日9時から、2月13日分は1月28日9時から、大井川鐵道営業部で電話にて予約を受け付ける。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

    北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

  3. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  4. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  5. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  6. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  7. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  8. JR東日本、山手線新型電車の本格投入は来春から…現在の車両は中央・総武緩行線へ

  9. 叡山電鉄、アニメ「三者三葉」特別入場券を発売…6月25日から

  10. 雪害運休はこれが最後? JR北海道、留萌線留萌~増毛間を4月28日再開へ

アクセスランキングをもっと見る