人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

大手私鉄の年末年始輸送人員、前年比で5.1%増加

鉄道 企業動向

日本民営鉄道協会は大手民鉄16社の年末年始の輸送人員を発表。全体では5.1%増加した。最も増加率が高かったのは西鉄だった
  • 日本民営鉄道協会は大手民鉄16社の年末年始の輸送人員を発表。全体では5.1%増加した。最も増加率が高かったのは西鉄だった
  • 日本民営鉄道協会は大手民鉄16社の年末年始の輸送人員を発表。全体では5.1%増加した。関東で最も増加率が高かったのは京王だった
日本民営鉄道協会はこのほど、大手民鉄16社の年末年始(12月31日~1月3日)期間の定期外旅客輸送実績を発表した。16社合計では3342万人となり、前年を5.1%上回った。

16社合計では、最も輸送人員の増加率が高かったのは1月1日で、前年を9.8%上回る790万6000人。最も輸送人員が多かったのは1月3日の950万9000人だが、同日は前年比で見ると1%減少した。

地域別では、関東の9社(東武・西武・京成・京王・小田急・東急・京急・東京メトロ・相鉄)合計が前年比5.3%増の2177万8000人。最も輸送人員の多かった日は1月2日で、612万2000人だった。前年比で最も増えたのは9%増の京王だった。

関西の5社(近鉄・南海・京阪・阪急・阪神)は合計が986万8000人で、前年比4.2%増。最も輸送人員の多かった日は1月3日で、295万3000人だった。前年比で最も増えたのは南海で、9%増加した。

16社のうち、全日にわたって輸送人員が増加したのは小田急・東急・南海・阪神・西鉄の5社。西鉄は4日間の合計が前年比12.6%増で、16社のうちもっとも増加率が高かった。近鉄のみ1月2日が前年を下回り、その他の10社は1月3日が前年を下回った。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 鉄道事業者が「ポケモンGO」開発者らに要望書---JRなど32社

    鉄道事業者が「ポケモンGO」開発者らに要望書---JRなど32社

  2. 日本車輌製造、営業赤字に転落…米国事業低迷など 2016年4-6月期決算

    日本車輌製造、営業赤字に転落…米国事業低迷など 2016年4-6月期決算

  3. ブエノスアイレスから帰国した営団500形、その仲間たちを東京・千葉で見る

    ブエノスアイレスから帰国した営団500形、その仲間たちを東京・千葉で見る

  4. JR東海&16私鉄が2日間乗り放題…フリー切符を通年発売

  5. 東京駅エキナカ商業施設「グランスタ」増床…デイリーニーズに対応

  6. 緩行線の線路を敷き、複々線の停車場に…工事中の登戸駅[フォトレポート]

  7. 千葉県内の鉄道やバスが2日間乗り放題…JR東日本、期間限定で発売

  8. 北海道新幹線に30km超の陸上トンネル建設へ…鉄道・運輸機構が計画変更

  9. 「いきものがかり」ライブで小田急ロマンスカーの特別列車運転

  10. JR東日本、中国からの訪日旅行商品を発売…中国国際航空と連携

アクセスランキングをもっと見る