大手私鉄の年末年始輸送人員、前年比で5.1%増加

鉄道 企業動向

日本民営鉄道協会は大手民鉄16社の年末年始の輸送人員を発表。全体では5.1%増加した。最も増加率が高かったのは西鉄だった
  • 日本民営鉄道協会は大手民鉄16社の年末年始の輸送人員を発表。全体では5.1%増加した。最も増加率が高かったのは西鉄だった
  • 日本民営鉄道協会は大手民鉄16社の年末年始の輸送人員を発表。全体では5.1%増加した。関東で最も増加率が高かったのは京王だった
日本民営鉄道協会はこのほど、大手民鉄16社の年末年始(12月31日~1月3日)期間の定期外旅客輸送実績を発表した。16社合計では3342万人となり、前年を5.1%上回った。

16社合計では、最も輸送人員の増加率が高かったのは1月1日で、前年を9.8%上回る790万6000人。最も輸送人員が多かったのは1月3日の950万9000人だが、同日は前年比で見ると1%減少した。

地域別では、関東の9社(東武・西武・京成・京王・小田急・東急・京急・東京メトロ・相鉄)合計が前年比5.3%増の2177万8000人。最も輸送人員の多かった日は1月2日で、612万2000人だった。前年比で最も増えたのは9%増の京王だった。

関西の5社(近鉄・南海・京阪・阪急・阪神)は合計が986万8000人で、前年比4.2%増。最も輸送人員の多かった日は1月3日で、295万3000人だった。前年比で最も増えたのは南海で、9%増加した。

16社のうち、全日にわたって輸送人員が増加したのは小田急・東急・南海・阪神・西鉄の5社。西鉄は4日間の合計が前年比12.6%増で、16社のうちもっとも増加率が高かった。近鉄のみ1月2日が前年を下回り、その他の10社は1月3日が前年を下回った。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. 北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

    北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

  4. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  5. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  6. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  7. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  8. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  9. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  10. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

アクセスランキングをもっと見る