人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

大手私鉄の年末年始輸送人員、前年比で5.1%増加

鉄道 企業動向

日本民営鉄道協会は大手民鉄16社の年末年始の輸送人員を発表。全体では5.1%増加した。最も増加率が高かったのは西鉄だった
  • 日本民営鉄道協会は大手民鉄16社の年末年始の輸送人員を発表。全体では5.1%増加した。最も増加率が高かったのは西鉄だった
  • 日本民営鉄道協会は大手民鉄16社の年末年始の輸送人員を発表。全体では5.1%増加した。関東で最も増加率が高かったのは京王だった
日本民営鉄道協会はこのほど、大手民鉄16社の年末年始(12月31日~1月3日)期間の定期外旅客輸送実績を発表した。16社合計では3342万人となり、前年を5.1%上回った。

16社合計では、最も輸送人員の増加率が高かったのは1月1日で、前年を9.8%上回る790万6000人。最も輸送人員が多かったのは1月3日の950万9000人だが、同日は前年比で見ると1%減少した。

地域別では、関東の9社(東武・西武・京成・京王・小田急・東急・京急・東京メトロ・相鉄)合計が前年比5.3%増の2177万8000人。最も輸送人員の多かった日は1月2日で、612万2000人だった。前年比で最も増えたのは9%増の京王だった。

関西の5社(近鉄・南海・京阪・阪急・阪神)は合計が986万8000人で、前年比4.2%増。最も輸送人員の多かった日は1月3日で、295万3000人だった。前年比で最も増えたのは南海で、9%増加した。

16社のうち、全日にわたって輸送人員が増加したのは小田急・東急・南海・阪神・西鉄の5社。西鉄は4日間の合計が前年比12.6%増で、16社のうちもっとも増加率が高かった。近鉄のみ1月2日が前年を下回り、その他の10社は1月3日が前年を下回った。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 西武鉄道の多摩湖線、台風9号で土砂流入…再開まで1カ月か

    西武鉄道の多摩湖線、台風9号で土砂流入…再開まで1カ月か

  2. 北海道などで鉄道各線が運休…台風9号の影響

    北海道などで鉄道各線が運休…台風9号の影響

  3. 東武、昭和の蒸気機関車時代…面影残す千住のレール[フォトレポート]

    東武、昭和の蒸気機関車時代…面影残す千住のレール[フォトレポート]

  4. 日本製車両のバンコク都市鉄道新路線、ガラガラで運賃値下げ検討

  5. JR東日本、男鹿線に蓄電池電車「EV-E801系」導入へ

  6. 「トワイライトエクスプレス瑞風」先頭車、宮原操入り---展望デッキ付き

  7. 北陸新幹線乗り入れ、敦賀駅大改造プラン…動く歩道でつなぐホーム

  8. 「攻めの廃線」で市とJRが前進…石勝線夕張支線[フォトアルバム]

  9. JR東日本、高崎支社の211系をリニューアル

  10. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

アクセスランキングをもっと見る