ハーレーオーナーズグループ、会員特典で米ミュージアム入館無料に

モーターサイクル エンタメ・イベント

米国ウィスコンシン州ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアム
  • 米国ウィスコンシン州ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアム
  • 米国ウィスコンシン州ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアム
  • 米国ウィスコンシン州ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアム
  • 米国ウィスコンシン州ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアム
  • 米国ウィスコンシン州ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアム
  • 米国ウィスコンシン州ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアム
  • 米国ウィスコンシン州ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアム
  • 米国ウィスコンシン州ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンミュージアム
ハーレーオーナーズグループ(H.O.G.)は、世界140か国に約100万人のメンバーと1400以上の支部を持つ世界最大のバイクメーカー公認のライダークラブだ。

有料会員になると、会報誌やロードサイドアシスタンス、またライディングイベントやラリーへのアクセスなど様々な特典が受けられるが、今回、ハーレーダビッドソンモーターカンパニー(以下 HDMC)は新たなメンバー特典として、ハーレーダビッドソンの113年の歴史を体感できる『ハーレーダビッドソンミュージアム』(米国ウィスコンシン州ミルウォーキー、以下 H-Dミュージアム)の入場を無料化した。

これに関して、HDMCの創立者ウィリアム A.ダビッドソンの曽孫であり、現副社長兼H-Dミュージアム館長のビル・ダビッドソンはこう述べている。

「H-Dミュージアムは、ハーレーダビッドソンの物語を伝えるだけではなく、私たちの歴史、伝統、情熱に息を吹き込む場所でもあります」

「ハーレーダビッドソンのライダーたちの自由と誇りと仲間意識が、ここには常に展示されています。ミュージアムは、ハーレーオーナーズグループの皆様にとっての第2の故郷でありたいと考えています」

「ハーレーダビッドソンの生地であるミルウォーキーを訪れるH.O.G.メンバーの皆様にミュージアムを開放できるのは、大変喜ばしく誇らしいことです」

これを書いている記者も何度か足を運んでいる。オープンしたのは、ハーレーダビッドソンが生誕105周年を迎えた2008年。HDMC本社のあるウィスコンシン州ミルウォーキーのメノモニーバレーにて年間363日開館し、ハーレーの類稀な歴史と文化を紹介。バイクファンのみならず一般観光客も訪れるミルウォーキーの観光スポットとなっている。

ミュージアム内には様々な年代の車両400台以上を展示するほか、ハーレーグッズやアパレルを中心に取り扱うショップをはじめ、ハーレーにちなんだオリジナルメニューを提供するレストラン、特別イベントも定期的に開催している。

ハーレー乗りにとっては憧れの聖地の1つとも言えよう。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

    トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

  2. ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

    ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  5. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  6. 【ホンダ CB1100EX 試乗】見た目、走りとも飽きずに長く付き合える…青木タカオ

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】OBD対応も視野に、ボッシュの二輪用小型ECU

  8. 【ドゥカティ スクランブラー SIXTY2 試乗】扱いやすさのなかにスポーティさがしっかり…青木タカオ

  9. ドッペルギャンガー、ソロツーリング向け軽量テントを発売

  10. トライアンフ、スポーツネイキッド ストリートトリプルRx を30台限定で発売

アクセスランキングをもっと見る