住友商事、世界最大のトレーラーメーカー 中国CIMC車両へ12億円を出資

自動車 ビジネス 海外マーケット

住友商事は1月8日、世界最大のトレーラーメーカーである、中集車輛(CIMC車両)への増資を引き受け、12億円を出資すると発表した。

CIMC車両は、中国・米国・欧州・豪州などでセミトレーラーなどの架装車両を製造・販売しており、2015年度は12万台以上のセミトレーラー販売台数を見込むなど、全世界で10%のシェアを誇る世界最大のセミトレーラーメーカー。また、積極的に機械化を取りいれた次世代型の工場を設立するなど、コスト低減と品質向上の両面で競争力を強化し、東南アジア・中東・アフリカなど新興国でのシェア拡大に注力している。

住友商事は、東南アジア・中東・アフリカなどの新興国で日系自動車メーカーの販売事業を展開しており、今回の出資を機に住友商事とCIMC車両は、これらの新興国における経済成長に伴う物流需要の増大をにらみ、双方の知見を活かしセミトレーラーをはじめとする架装車両の販売拡大に取り組んでいく。

住友商事は、CIMC車両の親会社である世界最大のコンテナメーカー、中国国際海運集装箱(CIMC集団)の製品を1990年代から日本国内向けに輸入・販売し、また、鋼材などの素材を同社へ販売・供給してきた。今回の増資は、25年にわたる強固な信頼関係が基盤となっている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  2. 【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

    【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

  3. マツダ英国販売12%増、CX-3 と ロードスター が牽引…1‐5月

    マツダ英国販売12%増、CX-3 と ロードスター が牽引…1‐5月

  4. 【新聞ウォッチ】燃費不正の軽自動車4車種、あすから販売再開---三菱自と日産

  5. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  6. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  7. アバルト全モデル、フィアット正規ディーラー全国79店舗での販売を開始

  8. 【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

  9. メルセデスの新型SUV、GLCクーペ …独工場で生産開始

  10. 横浜ゴム、フラッグシップブランド ADVAN のWEBサイトをリニューアル

アクセスランキングをもっと見る