人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

住友商事、世界最大のトレーラーメーカー 中国CIMC車両へ12億円を出資

自動車 ビジネス 海外マーケット

住友商事は1月8日、世界最大のトレーラーメーカーである、中集車輛(CIMC車両)への増資を引き受け、12億円を出資すると発表した。

CIMC車両は、中国・米国・欧州・豪州などでセミトレーラーなどの架装車両を製造・販売しており、2015年度は12万台以上のセミトレーラー販売台数を見込むなど、全世界で10%のシェアを誇る世界最大のセミトレーラーメーカー。また、積極的に機械化を取りいれた次世代型の工場を設立するなど、コスト低減と品質向上の両面で競争力を強化し、東南アジア・中東・アフリカなど新興国でのシェア拡大に注力している。

住友商事は、東南アジア・中東・アフリカなどの新興国で日系自動車メーカーの販売事業を展開しており、今回の出資を機に住友商事とCIMC車両は、これらの新興国における経済成長に伴う物流需要の増大をにらみ、双方の知見を活かしセミトレーラーをはじめとする架装車両の販売拡大に取り組んでいく。

住友商事は、CIMC車両の親会社である世界最大のコンテナメーカー、中国国際海運集装箱(CIMC集団)の製品を1990年代から日本国内向けに輸入・販売し、また、鋼材などの素材を同社へ販売・供給してきた。今回の増資は、25年にわたる強固な信頼関係が基盤となっている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

    レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

  2. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

    【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  3. いすゞ製観光バスの早期点検を呼びかけ…フロントショック折損のおそれ

    いすゞ製観光バスの早期点検を呼びかけ…フロントショック折損のおそれ

  4. デンソーの人工知能プロジェクト…ねらいは車載器とIoT

  5. ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

  6. 三菱自、アウトランダー の中国現地生産を開始

  7. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  8. マツダ、初代ロードスターのレストア、パーツ供給を検討

  9. 作業効率が大幅にアップするバランスウエイト。マルエム、1年がかりの自信作

  10. デンソーの人工知能プロジェクト…ADAS研究における立ち位置

アクセスランキングをもっと見る