人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

九州工業大学の放電実験衛星「鳳龍四号」が完成…ASTRO-Hとともに2月12日打ち上げ

宇宙 テクノロジー

九州工業大学は、放電実験衛星「鳳龍四号」を完成披露会を開催した。

同大学では2013年度から放電実験衛星「鳳龍四号」を開発している。衛星は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の相乗り衛星として、ASTRO-Hその他3基の超小型衛星とともに、2016年2月12日にH-IIAロケットで種子島宇宙センターから打ち上げられる予定。

鳳龍四号は1辺が約40センチ、重量が約10kgの立方体。メインミッションは高電圧太陽電池の技術実証と、放電電流の測定、放電画像の撮影で、その他を合わせて計9つのミッションが搭載されている。

衛星の開発は、宇宙環境技術ラボラトリーの若手職員と同大学宇宙工学国際コースに在籍する大学院生が中心となって行なわれた。プロジェクトメンバーの半数は世界14カ国からの留学生で、世界でも稀にみる多国籍な超小型衛星プロジェクトとなっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 薩長土肥をめぐる航空券が誕生へ…ANAと4県がタッグ

    薩長土肥をめぐる航空券が誕生へ…ANAと4県がタッグ

  2. ペルセウス座流星群の観測…全国的に最高の条件 8月12日

    ペルセウス座流星群の観測…全国的に最高の条件 8月12日

  3. SPACとソフトバンク、「みちびき」を利用した位置情報の実証実験を今秋実施へ

    SPACとソフトバンク、「みちびき」を利用した位置情報の実証実験を今秋実施へ

  4. ISS補給機「こうのとり」6号機の打ち上げ延期…配管に不具合

  5. ドーン探査機データから小惑星ベスタの構造に新事実…地殻の厚さは80キロメートル以上

  6. アルマ望遠鏡の観測提案の審査を終了…1571件の応募

  7. スペースX、スカパーJSATの通信衛星JCSAT-16の打ち上げ成功

  8. アポロ11号指令船「コロンビア」の高解像度3Dスキャンデータを作成

  9. JAXA、国際宇宙ステーション「きぼう」で新しい実験環境を稼動

  10. GSユアサ、宇宙用リチウムイオン電池の採用数が110機超に

アクセスランキングをもっと見る