ホンダのインド販売14.2%減、2か月連続で減少…12月

自動車 ビジネス 海外マーケット

ホンダ シティ
  • ホンダ シティ
  • ホンダ アメイズ
  • 新型ホンダ ジャズ(日本名:フィット)
  • ホンダ ブリオ
  • ホンダ モビリオ 新型
ホンダのインド現地法人、ホンダカーズインディアリミテッドは1月4日、2015年12月のインド新車販売の結果を明らかにした。

同社の発表によると、12月の総販売台数は、1万2379台(輸出を除く)。前年同月比は14.2%減と、2か月連続で前年実績を下回った。

1万2379台の内訳では、小型セダンの『シティ』が6366台で、3か月連続の最量販車に。コンパクトカーの『アメイズ』が2933台で、シティに続く。新型を投入した『フィット』は2602台。以下、『ブリオ』が221台、『CR-V』が65台。

また、2014年7月にインド市場に投入された新型『モビリオ』は、192台を販売。また、12月のインドからの輸出実績は、364台だった。

ホンダの2014年度(2014年4月から2015年3月)のインド新車販売は、18万9062台と新記録。前年比は41%増と大きく伸びた。2015年4-12月は、前年同期比10%増の14万4474台を売り上げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

    VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  2. 【エンディング産業展16】光岡自動車の霊柩車…自分が送ってもらいたいと思う車を

    【エンディング産業展16】光岡自動車の霊柩車…自分が送ってもらいたいと思う車を

  3. アウディ、中国でトランスミッションを現地生産…A4 に搭載

    アウディ、中国でトランスミッションを現地生産…A4 に搭載

  4. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  5. 米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

  6. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

  7. 国内初のリチウムイオンバッテリー搭載フォークリフト、トヨタL&Fが発売

  8. 台風9号、JAFへのロードサービス依頼は534件

  9. ホンダ、熊本製作所が通常稼働を再開…震災から4か月

  10. 三菱 RVR など3車種、米国でリコール…CVTに不具合

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら