【メルセデスベンツ C350e】PHVの走りを最大限引き出す「インテリジェントアクセルペダル」

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデス・ベンツ C350e アバンギャルド
  • メルセデス・ベンツ C350e アバンギャルド
  • メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長
  • メルセデス・ベンツ C350e アバンギャルド
  • メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長
  • メルセデス・ベンツ C350e アバンギャルド
  • メルセデス・ベンツ C350e アバンギャルド
  • メルセデス・ベンツ C350e アバンギャルド
  • メルセデス・ベンツ C350e アバンギャルド
メルセデスベンツ『Cクラス』に、プラグインハイブリッドの『C350e』が追加された。

C350eのパワートレインは、『C250スポーツ』に搭載されている2リットル直噴直列4気筒ガソリンエンジンに、ブースト機能を併せ持つ高出力のモーターを組み合わせたものだ。システム全体で最高出力 279馬力、最大トルクは 600Nmを発生する。

メルセデス・ベンツ日本製品広報課の嶋田智美さんによると、「燃費はJC08モードで約17km/リットル前後。モーター走行を加味した欧州複合モード燃費では、41.7km/リットルから47.6km/リットルだ」と述べる。搭載されるリチウムイオンバッテリーの容量は6.2kWh。その充電時間は「 AC 200ボルト電源で約4時間。エンジンのチャージモードを選択すると約40分で充電ができる」(嶋田さん)。電気モーターでのみでの最高速度は130km/h、航続距離は約30kmである。

このリチウムイオンバッテリーはラゲージスペースに搭載されているが、嶋田さんは「容量は十分に確保されており、セダンで335リットル、ステーションワゴンで 350から 1370リットルある」と話す。

C350eの大きな特徴のひとつに“インテリジェントアクセルペダル”があると嶋田さんはいう。このペダルには効率的に走行するためにプレッシャーポイント機能と、ダブルパルス機能というふたつの機能が備わっている。プレッシャーポイント機能は、モーター走行の際に、エンジンが始動するポイントをアクセルペダルの電気的な抵抗で教えてくれるというもの。「モーター走行時と、プレッシャーポイントを超えてからの抵抗が少し変わることで、ドライバーが右足でエンジンが始動し、ハイブリッド走行に切り替わるタイミングを把握できる機能だ」と説明。

ダブルパルス機能は、レーダーを用いて先行車両との距離と速度差を計測。アクセルペダルから足を離す適切なタイミングを2回のノックパルスでアクセルペダルを通じて教えてくれるものだ。「これも無駄なアクセルや、ブレーキを踏むようなペダルワークを防ぐものになっている」と述べた。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

    【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  2. 【ホンダ NSX 新型】復活構想は6年前から

    【ホンダ NSX 新型】復活構想は6年前から

  3. 【ホンダ NSX 新型】日本は全国133の認定店舗で扱い

    【ホンダ NSX 新型】日本は全国133の認定店舗で扱い

  4. 【ホンダ NSX 新型】車体骨格に世界初の「アブレーション鋳造」部材

  5. ホンダ NSX 新型、早くも納車待ちが2年…北米

  6. 【ホンダ NSX 新型】11年ぶりの復活…3年間でグローバル6000台の販売計画

  7. 【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

  8. ホンダ、欧州で「ZSX」商標登録…ベイビー NSX か

  9. 【ホンダ NSX 新型】生産責任者「景気動向に左右されない柔軟な生産ライン」

  10. 【日産 セレナ 新型】ちょっとほしくなったかも…山本耕史が意味深発言?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら