【CES16】LG、車内パノラマディスプレイや4G LTE情報システムなど戦略を発表

自動車 ビジネス 海外マーケット

LG SIGNATUREシリーズを発表
  • LG SIGNATUREシリーズを発表
  • 米LG Electronics社の社長兼CEO William Cho氏
  • カーエレクトロニクス、IoT、プレミアム戦略に注力
  • 車内用パノラマディスプレイの開発を発表
  • 4G LTE技術をベースにしたドライブインフォメーション
  • ドルビービジョン方式のHDR技術に注力していく
  • 8Kテレビの開発も進めていく
  • LG SIGNATUREシリーズの4K有機ELテレビ
 CESの開幕初日、5日にはプレス向けのカンファレンスが開催。現地時間8時からは、大手ブランドのトップバッターとしてLGエレクトロニクスが記者会見を実施した。

 はじめに米国LGエレクトロニクス社長兼CEOのWilliam Cho氏が登壇。「今年は人々の生活を豊かにするプロダクトデザインと機能性の向上に徹底注力する」としながら、さらなるイノベーションを貪欲に追求する考えを述べた。

 今年LGが注力する分野は「カーエレクトロニクス」「IoT」「プレミアムプロダクト」。「カーエレクトロニクスについてはLGは10年以上、ダイムラーやフォルクスワーゲンなどに製品や技術を提供してきたトップサプライヤー」であると、LGエレクトロニクスのDr. Skott Ahn氏は壇上にて、LGが長年カーエレクトロニクス市場の発展に貢献してきたことを強調する。今後はセンシングやコミュニケーション機能をさらに進化させながら、車内のボンネット全面に展開する「パノラマディスプレイ」タイプのカーインフォテインメントや、4G LTEの技術をベースにしたドライブインフォメーション、歩行者検知・衝突回避のセンシング機能などの開発に注力していく戦略を発表した。

 「IoT」についてはGoogleとのパートナーシップにより、スマートホーム環境のオープンプラットフォームを構築。同社のホームアプライアンス製品などに搭載していく。

 さらに同社のプレミアムプロダクトラインとなる「LG SIGNATURE」シリーズを発表。4K対応の有機ELテレビ、冷蔵庫、空気清浄・加湿器、洗濯機を発表。シリーズのマスター・デザインを担当したTorsten Valeur氏が登壇し、「クリーンでピュアなミニマルデザインと、機能性の向上」が新シリーズのテーマであると紹介した。

 なお、同社の4Kテレビについては、今後ドルビービジョン方式のHDR技術に対応する新製品を市場に投入。同じくドルビービジョン方式のHDRコンテンツを提供することを明らかにしているNetflixのVODサービスも高画質に視聴できるようになる。LGエレクトロニクスは日本国内でも4Kテレビを発売しているので、年内にもドルビービジョン方式による4K HDRコンテンツが楽しめる環境が整う期待も膨らんできた。

4Kテレビや冷蔵庫など、LGがプレミアム家電「LG SIGNATURE」を発表……CES 2016

《山本 敦@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

    ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

  2. 日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

    日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

  3. トヨタ RAV4 とレクサス HS、米国でリコール…サスペンションに不具合

    トヨタ RAV4 とレクサス HS、米国でリコール…サスペンションに不具合

  4. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  5. 印タタ自、純利益は57%減 4‐6月期決算

  6. 「こち亀ラッピングバス」、80分の1スケールで発売…葛飾で運行中

  7. マツダ ロードスター 新型、先行受注予約したユーザーに贈る開発者の「感謝と思い」

  8. ヤマハ発の柳社長、アフリカ開発会議でスピーチ…漁船の開発、現地生産について

  9. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  10. 豊田合成、LED事業を強化…生産拠点を集約

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら