富士急、元JR東海371系を「水戸岡デザイン」に…新型特急今春登場

鉄道 企業動向

富士急行は今春、新型特急『富士山ビュー特急』を導入すると発表。元JR東海の371系を改造し、デザインは水戸岡鋭治さんが担当する
  • 富士急行は今春、新型特急『富士山ビュー特急』を導入すると発表。元JR東海の371系を改造し、デザインは水戸岡鋭治さんが担当する
  • 富士急行は今春、新型特急『富士山ビュー特急』を導入すると発表。元JR東海の371系を改造し、デザインは水戸岡鋭治さんが担当する
  • 富士急行は今春、新型特急『富士山ビュー特急』を導入すると発表。元JR東海の371系を改造し、デザインは水戸岡鋭治さんが担当する
  • 富士急行は今春、新型特急『富士山ビュー特急』を導入すると発表。元JR東海の371系を改造し、デザインは水戸岡鋭治さんが担当する
富士急行は1月6日、今年春に新型特急『富士山ビュー特急』を導入すると発表した。車両はJR東海の小田急線直通特急『あさぎり』として使用された371系電車を改造。デザインはJR九州の車両や富士急の観光列車『富士登山電車』を手がけた水戸岡鋭冶さんが担当する。

富士急行は、かつて小田急電鉄でJR東海の御殿場線乗入れ特急『あさぎり』などに使用されたロマンスカー20000形「RSE」を改造した『フジサン特急』8000系を2014年に導入しており、今回の新型特急登場で『あさぎり』として活躍した小田急とJR東海の特急電車が富士急線上で再び「競演」することになる。

新型特急の導入は同社の創立90周年事業の一環。7両編成の371系を3両に減らし、外観は塗装を大幅に変更しているほか、内装は木を活かした空間に改装。車内では「オンリーワンのスイーツやドリンクを提供し、ゆったりとしたホテルのような空間」を演出するという。

『富士山ビュー特急』の運行区間は大月~河口湖間の全線で、途中の停車駅は都留文科大学前・富士山・富士急ハイランドとなる。運行開始日など詳細は後日改めて発表するという。

同線では、元JR東日本のジョイフルトレイン『パノラマエクスプレスアルプス』を改造して2002年に導入した『フジサン特急』2000系が今年2月で引退する予定で、新型車は同車に代わる新たな特急車両となる。

371系は1991年、JR東海の特急形電車として登場。7両編成1本のみ製造され、小田急線とJR御殿場線の直通特急『あさぎり』に使用された。2012年3月には『あさぎり』での定期運用を終了し、その後はJR東海の臨時列車で使われていたが、2014年11月末に臨時列車での運用も終了。同年12月に富士急が購入を発表していた。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

    北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  4. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  5. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  6. 北海道初の国鉄電車、3月13日限りで引退へ…記念ヘッドマーク掲出

  7. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  8. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

  9. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

  10. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

アクセスランキングをもっと見る