VWジャパン、スポーツモデルの拡充テーマに4モデル追加…2015年

自動車 ニューモデル 新型車

VW ゴルフR
  • VW ゴルフR
  • VW ゴルフR
  • VW ゴルフR
  • VW ゴルフR
  • VW ゴルフR
  • VW ゴルフR
  • VW ゴルフR
  • VW ゴルフR
2015年、フォルクスワーゲングループジャパンはスポーツモデルの拡充、先進安全予防テクノロジーの強化、次世代パワートレインの導入、そして、ライフスタイルシリーズの拡充の4つをテーマに活動を行い、スポーツモデルの拡充では、マニュアルトランスミッション(以下MT)仕様をはじめ4モデルを導入した。

VWは3年連続で世界ラリー選手権チャンピオンを獲得するなど、モータースポーツ活動はVWのスポーツスピリットの象徴となっている。同社マーケティング本部プロダクト・マーケティング課プロダクトマネージャーの沢村武史氏は、「それを踏まえ、VWのスポーツモデルはGTIやRなどに象徴されるように伝統と華があり、走る楽しさや憧れを掻き立ててくれるクルマだ」と述べる。

スポーツモデルを志向するユーザーに好評なマニュアルトランスミッション(以下MT)の市場について沢村氏は、「ポロクラスではスポーツモデル全体の4割。ゴルフクラスのセグメントでは全体の2割を(MTが)占めており、根強い人気がある」と分析。こうした市場背景から、「2015年、多くのユーザーが待ち望むMTを3モデル導入した」。8月に『ポロGTI』と『ゴルフR』、11月には『ゴルフGTI』のMTモデルの配車が開始された。

「運転する喜びをダイレクトに感じたい。もっと積極的にドライビングを楽しみたいというユーザーの支えもあり、現時点でゴルフGTIとゴルフRのMTはゴルフシリーズの約20%、ポロGTIのMTはポロシリーズの約5%の販売構成だ」とコメント。

そしてスポーツモデルラインナップ拡充として、5月に『ゴルフRヴァリアント』を発表。「ゴルフRに『ゴルフヴァリアント』の高いユーティリティ性を持たせたモデルで、最強といって差し支えないステーションワゴンだ」と沢村氏。「発売直後からハイパフォーマンスステーションワゴンを待ち望んでいたユーザーから高い注目を集め、新たなニーズの掘り起こしに成功した」という。その結果、「ゴルフヴァリアントシリーズの約10%を占めるモデルに成長している」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

    【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

  3. 【レヴォーグ STIスポーツ】スポーティネスと質感の両方を表現

    【レヴォーグ STIスポーツ】スポーティネスと質感の両方を表現

  4. VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

  5. ブガッティの ビジョンGT、ガス欠…ゲームではない[動画]

  6. 【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

  7. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  8. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  9. 【モスクワモーターショー16】ラーダ ベスタ に「スポーツ」…WTCCのノウハウ応用

  10. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら