「初日の出暴走族」街頭検査で41台に整備命令...国交省関東運輸局

自動車 社会 社会

警視庁と国土交通省による不正改造車等に対する取締り(1日・中央区)
  • 警視庁と国土交通省による不正改造車等に対する取締り(1日・中央区)
国土交通省関東運輸局と自動車検査独立行政法人関東検査部は、東京、神奈川、茨木、山梨の4か所の運輸支局と地元警察合同で、不正改造車を排除する大がかりな街頭検査を実施した。

14年、15年に2か所で実施していた特別街頭検査を、今年は4か所に拡大した。新たに特別検査の会場となったのは、神奈川県と山梨県だった。

神奈川県藤沢市の辻堂海浜公園西駐車場では、1月1日0時から街頭検査が始まった。8台が検査を受け、四輪車1台、二輪車6台が整備命令を受けた。

山梨県の中央道下り線談合坂サービスエリアでは、1月3日9時~14時まで実施された。二輪車27台が検査を受けたが、整備命令を受けたのは1台だった。

首都高速環状線白魚橋駐車場(東京・中央区)では31日23時から実施され、四輪車16台と二輪車1台が、茨木県道大洗公園線大洗公園駐車場(大洗町)では31日21時から16台を検査し、四輪車15台、二輪車1台が整備命令を受けた。

四輪車では最低地上高不足となる改造や灯火、マフラーなどの不良、二輪車ではマフラーと灯火の不良が目立った。

暴走族の活動は下火になっているが、一部の旧車会による集団危険行為などが問題となっている。また、台数は少なくとも、違法なマフラーを取り付けたことによる規定を超える排気騒音に対しては、沿線住民をはじめとする人々から厳しい目が注がれ、街頭検査などによる根絶が求められている。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 国土交通省、FCVに国際基準を採用へ…保安基準を改正

    国土交通省、FCVに国際基準を採用へ…保安基準を改正

  2. 貸切バス、重大事故で即・事業許可取り消しへ…国交省

    貸切バス、重大事故で即・事業許可取り消しへ…国交省

  3. その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

    その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

  4. 燃料電池車の国際相互承認を導入へ…UNR134を国内に導入

  5. トラックの運転に立腹し、運転者に謝罪を強要した男を逮捕

  6. 自動運転車でドライバーが居眠り、決定的瞬間[動画]

  7. 水素ステーション普及のためJIS改正…使用温度を120度に拡大

  8. グーグルの自動運転車、公道で衝突事故の瞬間[動画]

  9. 国交省、タカタ製エアバッグの追加リコールを指示…約700万台

  10. 国連、車両の相互承認制度について日本提案で合意

アクセスランキングをもっと見る