しぶんぎ座流星群、本日夜がピーク!

宇宙 エンタメ・イベント

 4日夜から翌5日未明にかけて、3大流星群の一つとして知られる「しぶんぎ座流星群」が出現ピークを迎える。

 ウェザーニューズは4日の天候について、高気圧圏内のため、関東や東海、近畿などは星空を観測できる場所が多くなるものの、北陸から北のエリアの日本海側では、寒気の影響によって流星観測が難しいと予想。また今回は、多い時で1時間に15個程度の出現になるという。

 同社の24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、同日22時~翌1時に生中継を行う。
《編集部@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 火星と地球の距離が7528万km、11年ぶりに最接近…5月31日

    火星と地球の距離が7528万km、11年ぶりに最接近…5月31日

  2. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

    金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  3. 130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

    130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

  4. ASNARO/ひさき/ASTRO-H…3衛星を繋ぐNECのインターフェイス技術とは

  5. JAXA 光学地球観測衛星と光通信衛星をコラボ運用…2019年打ち上げを目指す

  6. ハッブル宇宙望遠鏡の研究者に男女格差…女性の主任研究員の観測提案採択率に影響

  7. ロシア、2025年までに静止軌道の宇宙ゴミを除去する”スカベンジャー”衛星を計画

  8. 国際宇宙ステーション「きぼう」からフィリピン第1号超小型衛星の放出に成功

  9. スカパーJSAT、通信衛星「JCSAT-15/16」を2016年度上期に打ち上げへ

  10. 宇宙空間でのタンパク質結晶化実験、7割が解析可能…JAXA

アクセスランキングをもっと見る