フィアット 124 スパイダーに噂の「アバルト」、WRC参戦の可能性も

自動車 ニューモデル 新型車

新型 フィアット124 スパイダー
  • 新型 フィアット124 スパイダー
  • 新型 フィアット124 スパイダー
  • 新型 フィアット124 スパイダーのアバルト版によるWRC参戦の可能性を伝えた『オートモーティブニュース』
2015年11月、ロサンゼルスモーターショー15でワールドプレミアされた新型フィアット『124スパイダー』。同車に噂される高性能版「アバルト」に関して、WRC(世界ラリー選手権)参戦の可能性が浮上した。

これは、『オートモーティブニュース』が伝えたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「フィアットは新型124スパイダーのアバルト版で、WRCへの参戦を計画している」と伝えたのだ。

新型124スパイダーのアバルト版が登場するとすれば、エンジンが強化されるのは間違いないところ。新型124スパイダーの1.4リットル直列4気筒ガソリンターボ「マルチエア」は、欧州仕様が最大出力140hp、北米仕様が最大出力160hp。アバルト版では、最大出力200hpレベルのエンジン搭載が見込まれる。

今回フィアットには、新型124スパイダーのアバルト版で、WRCに参戦する可能性が浮上。同メディアによると、WRCの新カテゴリーの後輪駆動車で争うクラスへの参戦を想定しているという。

WRC参戦が実現すれば、1970年代後半にWRCで活躍した『131アバルト』の再来となりそうだ。オープンボディの新型124スパイダーに、ハードトップを装着したWRCラリーカーが登場するかもしれない。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

    VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

  2. 【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

    【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

  3. 【ペブルビーチ 16】レクサス LC500、パワー向上…北米は471馬力

    【ペブルビーチ 16】レクサス LC500、パワー向上…北米は471馬力

  4. 【パリモーターショー16】シトロエン C3 新型を初公開へ…エアバンプも設定

  5. トヨタ プロボックス&サクシードを一部改良…セーフティ センスCを標準装備

  6. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  8. 【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

  9. 【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

  10. セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら