【メルセデスベンツ GLE 新型】Mクラスから名称刷新、Eクラスと同等の装備レベルへ

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデス-AMG GLE 63S 4マティック
  • メルセデス-AMG GLE 63S 4マティック
  • メルセデス-AMG GLE 63S 4マティック
  • メルセデス-AMG GLE 63S 4マティック
  • メルセデス-AMG GLE 63S 4マティック
  • メルセデス-AMG GLE 63S 4マティック
  • メルセデス-AMG GLE 63S 4マティック
  • メルセデス-AMG GLE 63S 4マティック
  • メルセデス-AMG GLE 63S 4マティック
メルセデス・ベンツ日本は、『Mクラス』の商品変更に伴い、名称も『GLE』と刷新し発売を開始した。

Mクラスは1998年のデビュー以来、メルセデスベンツの中核モデルとして3世代に渡り進化を続けてきた。そして今回、「『Eクラス』と同等の安全装備、快適装備を備え、車種名もメルセデスSUVを表す“GL”と、車格を表す“E”を組み合わせた“GLE”という名称に変更された」と説明するのは、メルセデス・ベンツ日本製品広報課の嶋田智美さん。

「Mクラスは5年前からクリーンディーゼルを導入しており、現在のラインナップの中でもモデルミックスは8割を占めている」という。そこでGLEでは、好評なクリーンディーゼルに9速のオートマチックトランスミッションを組み合わせた、『GLE 350d 4マティック』を用意。このエンジンは、3リットルV6ブルーテックエンジンで、最高出力は258馬力、最大トルクは620Nmを発揮。また、現在市販されているトルクコンバータ式トランスミッションの中では最も変速段数が多い(メルセデス・ベンツ日本調べ)9速オートマチックは、1つのギアが受け持つ速度域が狭くなるため、変速ショックとエンジン回転数の上昇が抑えられ、静粛性と燃費の両方を高いレベルで実現しているという。

またトップパフォーマンスモデルとしてメルセデスAMGのいわゆるSモデル、『メルセデス-AMG GLE 63S 4マティック』も導入。5.5リットルV8直噴ツインターボエンジンを搭載し、最高出力585馬力、最大トルク760Nmを発揮。専用セッティングの四輪駆動システム“AMG 4マティック”や“AMG ライドコントロールスポーツサスペンション”、“アクティブカーブシステム”など最新のテクノロジーが採用されている。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

    歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

  2. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  3. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  4. 【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

  5. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  6. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  7. 【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  8. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  9. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  10. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら