京急電鉄の割引切符、ピーチ羽田便の機内で販売…来年1月から

鉄道 企業動向

京浜急行電鉄(京急)と京急開発の2社は12月28日、格安航空会社(LCC)のPeach・Aviation(ピーチ・アヴィエーション)が運航するピーチ機内で、「京急羽得2枚きっぷ」「天然温泉平和島 深夜パック」を販売すると発表した。

「京急羽得2枚きっぷ」は、京急線の羽田空港~品川・泉岳寺間か羽田空港~横浜間で利用できる、2枚セットの割引乗車券。二人で片道利用したり、一人で往復利用したりすることができる。発売額は、大人が通常より200円安い620円、子供が110円安い310円。有効期間は使用開始から10日間になる。

「天然温泉平和島 深夜パック」は、京急開発が運営する温泉施設「天然温泉平和島」を利用できるもので、羽田空港国際線ターミナルへの無料バスがセットになった「フライトコース」と、国際線ターミナルからの無料バスと朝食がセットになった「ウェルカムコース」の2種類が販売される。発売額は、フライトコースが通常より200円安い3300円、ウェルカムコースが通常より100円安い2100円になる。

いずれも2016年1月1日から、台北発羽田着便のピーチ機内で引換券を販売する。引換券は、羽田空港国際線ターミナル駅の有人窓口で「京急羽得2枚きっぷ」に、天然温泉平和島のフロントで「天然温泉平和島 深夜パック」に、それぞれ引き換えることができる。

2社によると、台湾からの訪日外国人が増加傾向にあり、羽田空港国際線ターミナル駅にある案内所も、台湾からの訪日客が多数利用している。今年10月から開始したLCCの香港エクスプレス機内での販売も好調であることから、利便性の向上を目的にピーチ機内でも販売することにしたという。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品