2016年初の天体ショーはしぶんぎ座流星群、1月4日夜から5日未明に観測のチャンス

宇宙 エンタメ・イベント

ウェザーニューズは、新春の天体ショー「しぶんぎ座流星群」の観測を楽しんでもらうため、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「星空Ch.」で流星キャッチャーの事前登録を開始した。

同社のスタッフが国内6カ所と中国から流星の映像を撮影し、登録している人のスマホに、星が流れた瞬間から3分以内に流星動画を提供するサービス。生中継の様子は1月4日22~25時、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」で配信する。

観測のピークとなる1月4日夜~5日未明は、北日本や東日本で冬型の気圧配置となる。関東や東海など東日本の太平洋側では晴れる時間が多く、星空が見られる見通し。日本海側は雲が多く、流星観測には厳しい空模様となる見込み。西日本では、南の海上にある弱い前線や低気圧の影響で、雲の切れ間からの流星観測となる。

国立天文台によると、しぶんぎ座流星群は活動が活発な期間が数時間と短く、流星の出現数が年によって変化する流星群。さらに、2016年は出現のピークが夜間ではなく、夜半過ぎからは月明かりの影響もあるため、多い時で1時間に15個程度の出現になるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

    国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

  2. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

    金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  3. JAXA、金星探査機「あかつき」が軌道修正を実施…観測期間を延長

    JAXA、金星探査機「あかつき」が軌道修正を実施…観測期間を延長

  4. 金星探査機「あかつき」、金星雲の微細な凹凸の可視化に成功

  5. 130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

  6. 国際宇宙ステーション「きぼう」からフィリピン第1号超小型衛星の放出に成功

  7. JAXA、ISS「きぼう」に搭載したCALETで電子の集中豪雨を観測

  8. 超小型深宇宙探査機「プロキオン」、小惑星2000DP107へのフライバイを断念

  9. 先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

  10. JAXA、「はやぶさ2」のミッションロゴを青系統に変更…スイングバイ成功を機に

アクセスランキングをもっと見る