2016年初の天体ショーはしぶんぎ座流星群、1月4日夜から5日未明に観測のチャンス

宇宙 エンタメ・イベント

ウェザーニューズは、新春の天体ショー「しぶんぎ座流星群」の観測を楽しんでもらうため、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「星空Ch.」で流星キャッチャーの事前登録を開始した。

同社のスタッフが国内6カ所と中国から流星の映像を撮影し、登録している人のスマホに、星が流れた瞬間から3分以内に流星動画を提供するサービス。生中継の様子は1月4日22~25時、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」で配信する。

観測のピークとなる1月4日夜~5日未明は、北日本や東日本で冬型の気圧配置となる。関東や東海など東日本の太平洋側では晴れる時間が多く、星空が見られる見通し。日本海側は雲が多く、流星観測には厳しい空模様となる見込み。西日本では、南の海上にある弱い前線や低気圧の影響で、雲の切れ間からの流星観測となる。

国立天文台によると、しぶんぎ座流星群は活動が活発な期間が数時間と短く、流星の出現数が年によって変化する流星群。さらに、2016年は出現のピークが夜間ではなく、夜半過ぎからは月明かりの影響もあるため、多い時で1時間に15個程度の出現になるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 世界の宇宙予算20年ぶり縮小

    世界の宇宙予算20年ぶり縮小

  2. 準天頂衛星を使い農作業…自律走行型ロボットトラクターで実証実験

    準天頂衛星を使い農作業…自律走行型ロボットトラクターで実証実験

  3. 「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

    「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

  4. 大西宇宙飛行士、七夕に宇宙に向けて飛び立つ…ISS打ち上げ日時が正式決定

  5. 大西宇宙飛行士、ロシアモジュールとソユーズ宇宙船の最終試験に合格

  6. ボーイング F-15E戦闘機からの超小型衛星打ち上げシステム開発決定

  7. 2014年NASA予算は176億ドルの見通し 前年より増額

  8. JAXA、ISS補給機「こうのとり」6号機で輸送するISS用バッテリーを公開…GSユアサ製

  9. 宇宙ミュージアムTeNQ 開業2周年、新海誠監督とのコラボ企画展…7月1日~11月6日

  10. JAXA、X線天文衛星の科学的成果をとりまとめ…新タイプのブラックホール発見など

アクセスランキングをもっと見る