BMW、ドイツでの新車の直接引き渡しが累計15万台…8年で達成 | レスポンス(Response.jp)

BMW、ドイツでの新車の直接引き渡しが累計15万台…8年で達成

自動車 ビジネス 海外マーケット

BMWの独ミュンヘンのBMWヴェルトでの新車の引き渡しが累計15万台に到達
  • BMWの独ミュンヘンのBMWヴェルトでの新車の引き渡しが累計15万台に到達
  • BMWの独ミュンヘン本社工場に隣接するBMWヴェルト
  • BMWの独ミュンヘン本社工場に隣接するBMWヴェルト
ドイツの高級車メーカー、BMWは12月14日、ミュンヘンのBMWヴェルトでの新車の引き渡しが、累計15万台に到達したと発表した。

日本と異なり、欧州では顧客が、自分が注文した新車を、直接工場に取りに行くことが可能。BMWヴェルトはドイツのBMWミュンヘン本社工場に隣接するBMWのテーマパーク的施設だが、顧客への新車の引き渡しも行っている。

BMWは2007年、BMWヴェルトを開業。2015年には、年間2万2000台以上を顧客に直接納車した。その大半は、ドイツを含めた欧州の顧客だが、中には米国やカナダから、車両を引き取りに来る顧客もいる。

今回、BMWヴェルトでの新車の引き渡しが、累計15万台を到達。BMWヴェルト開業から、およそ8年での記録達成となった。記念すべき15万台目は、BMW『3シリーズ ツーリング』。米国メリーランド州から訪れたLantzy夫妻に引き渡された。

BMWヴェルトのOliver Rademacher代表は、「わずか8年で、15万台目を納車。世界中の顧客に、素晴らしい体験の場を創出してきた」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品