シュコダのチェコ工場、MT累計生産700万基…15年で達成

自動車 ビジネス 海外マーケット

シュコダのチェコのムラダー・ボレスラフ工場
  • シュコダのチェコのムラダー・ボレスラフ工場
  • シュコダ・Citigo
  • セアトMii FR-Line Concept(パリモーターショー12)
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは12月18日、チェコのムラダー・ボレスラフ工場におけるMTの累計生産が700万基に到達した、と発表した。

700万基のうち、大半の600万基を占めるのが、「MQ200」と呼ばれるトランスミッション。2000年から生産が開始され、排気量1.0-1.6リットルのガソリン車と組み合わせる。

このトランスミッションは、シュコダだけでなく、フォルクスワーゲングループの幅広いブランド、アウディやセアトにも搭載されている。

残りの100万基は、「MQ100」と呼ばれるトランスミッションで、2011年から生産。フォルクスワーゲン『up!』をはじめ、シュコダ『Citigo』、セアト『Mii』、シュコダ『ファビア』に採用する。

累計生産700万基は、2000年の生産開始から15年で達成した記録。シュコダの生産担当、Michael Oeljeklaus取締役は、「700万基のMTを生産したことが、ムラダー・ボレスラフ工場における部品生産の競争力の高さを示している」と述べた。
《森脇稔》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品