臨海副都心に新たな客船ふ頭…世界最大級のクルーズ客船に対応

船舶 行政

新客船ふ頭の整備位置
  • 新客船ふ頭の整備位置
  • ターミナルビルの外観イメージ
  • 開放的なロビーのイメージ
東京都港湾局は、世界最大級のクルーズ客船にも対応できるよう、2020年オリンピック・パラリンピック大会までに、新たな客船ふ頭を整備すると発表した。

新客船ふ頭は、臨海副都心の「船の科学館」の先の海上に整備する。

新設するターミナルビルは、鉄骨造4階建てで、高さは最高約35メートル。面積は約1万5000平方メートル、奥行が約40メートル、幅が約130メートル。

「海の波」、「船の帆」、「日本の伝統的な屋根のそり」をイメージさせるダイナミックな大屋根とする。高い天井とトップライトからの自然採光により開放的で心地よいロビー空間を実現する。内装には木材も使用し、今後、実施設計を進める中で、多摩産材の活用も検討する。大屋根を活用して太陽光発電などの自然エネルギーを積極的に採用する。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品