臨海副都心に新たな客船ふ頭…世界最大級のクルーズ客船に対応

船舶 行政

新客船ふ頭の整備位置
  • 新客船ふ頭の整備位置
  • ターミナルビルの外観イメージ
  • 開放的なロビーのイメージ
東京都港湾局は、世界最大級のクルーズ客船にも対応できるよう、2020年オリンピック・パラリンピック大会までに、新たな客船ふ頭を整備すると発表した。

新客船ふ頭は、臨海副都心の「船の科学館」の先の海上に整備する。

新設するターミナルビルは、鉄骨造4階建てで、高さは最高約35メートル。面積は約1万5000平方メートル、奥行が約40メートル、幅が約130メートル。

「海の波」、「船の帆」、「日本の伝統的な屋根のそり」をイメージさせるダイナミックな大屋根とする。高い天井とトップライトからの自然採光により開放的で心地よいロビー空間を実現する。内装には木材も使用し、今後、実施設計を進める中で、多摩産材の活用も検討する。大屋根を活用して太陽光発電などの自然エネルギーを積極的に採用する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. ヤマハ発動機、「マリンカーニバル2016」にフラッグシップスポーツボートなどを出展

    ヤマハ発動機、「マリンカーニバル2016」にフラッグシップスポーツボートなどを出展

  2. 日本の豪華大型クルーズ船が名古屋ガーデンふ頭に同時入港でイベント開催…5月31日

    日本の豪華大型クルーズ船が名古屋ガーデンふ頭に同時入港でイベント開催…5月31日

  3. 海上保安庁、伊勢志摩サミットに向けて海上警備準備本部を設置

    海上保安庁、伊勢志摩サミットに向けて海上警備準備本部を設置

  4. 視察船「新東京丸」による東京港見学会、土曜日に定期開催

  5. 古野電気、全周型カラースキャニングソナーを開発…国内外の漁船など向け

  6. 軍艦の“縦列係留”、防空壕、廃線跡…日本海唯一の軍港都市・舞鶴[フォトレポート]

  7. 千葉港の新たな旅客船ターミナル、45分のクルーズ船から[フォトレポート]

  8. 三菱重工、1番船の失敗を踏まえ改善対策…客船事業評価委員会を設置

  9. 【ジャパンボートショー16】ヤンマー、ボートオブザイヤー「EX38A」などメイン展示

  10. 【静岡ホビーショー16】ハセガワ、新作ウォーターライン「日本海軍 戦艦 三笠」を展示

アクセスランキングをもっと見る