コマツ、新世代エンジン搭載のミニショベル 2機種を発売 | レスポンス(Response.jp)

コマツ、新世代エンジン搭載のミニショベル 2機種を発売

自動車 ニューモデル 新型車

コマツ ミニショベル PC45MR
  • コマツ ミニショベル PC45MR
コマツは、オフロード法2014年基準に適合したミニショベル「PC45MR/55MR-5」を発売した。

新機種は、特定特殊自動車排出ガス2014年基準の排出ガス規制をクリアした新世代エンジンを新たに搭載。排出ガス後処理システム コマツディーゼルパティキュレートフィルタ(KDPF)、電子制御クールド排出再循環(EGR)システム、コモンレール式最適燃料噴射システムなどの様々な環境対応技術を織り込み、NOx(窒素酸化物)とPM(粒子状物質)の排出量を大幅に低減した。

また、新たにEモード、オートデセル、オートアイドルストップ機能を採用するとともに、エンジンと油圧システムを最適に制御するコマツ独自の電子制御システムの採用などにより燃料消費量を同社従来機に比べ5%低減した。

さらに、作業機レバーニュートラル検出機能、セカンダリエンジン停止スイッチ、およびシートベルト未装着警報などを新たに加え安全性を向上。加えて、多くの情報を見やすく表示する3.5インチカラー液晶多機能モニタや、取得可能なデータが大幅に増えたKOMTRAXの装備により、機械稼働の「見える化」を推進。キャブ仕様では、新設計の大型ドアの採用やエアコン標準装備などによりさらに快適なオペレータ空間を実現した。

価格(工場裸渡し・税抜)は標準バケット容量0.14立方米のPC45MRが590万円、同0.16立方米の55MR-5が640万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品