ホンダ、パッケージ型スマート水素ステーションを和光本社ビルに設置

自動車 ビジネス 企業動向

スマート水素ステーション(ホンダ和光本社ビル設置)
  • スマート水素ステーション(ホンダ和光本社ビル設置)
ホンダは、独自開発した高圧水電解システム「パワー クリエイター」を採用したパッケージ型「スマート水素ステーション(SHS)」をホンダ和光本社ビルに設置し、稼働を開始した。

このSHSでは、太陽光発電による再生可能エネルギーから水素を製造し、CO2フリーの水素供給を行う。またホンダ青山本社ビルにおいてもSHS設置に向けた準備を進めている。

ホンダは来る水素社会に向けて、「つくる・つかう・つながる」のコンセプトを掲げている。「つくる」分野ではSHSによる再生可能エネルギーからの水素製造・充填、「つかう」分野では新型燃料電池自動車(FCV)『クラリティ フューエル セル』によるCO2フリーでの走行、「つながる」分野では外部給電器「パワー エクスポーター 9000」やV2H対応DC普通充電器「ホンダ パワー マネージャー」により、電力をFCVからコミュニティや家庭・施設に提供することを可能にした。

「つくる」分野については、2010年からパワー クリエイターを用いた実証実験を米国ロサンゼルスにて開始。2012年に環境省の委託を受け、日本で初めてパワー クリエイター搭載の水素ステーションを埼玉県に設置した。2014年には水素の製造、貯蔵、充填機能を世界で初めてパッケージ型に収納したSHSに進化させ、岩谷産業やさいたま市、北九州市とともに実証実験を開始。CO2排出ゼロの水素製造を視野に関連技術の検証を重ねてきた。一方、政府は2013年より規制改革会議において、SHSのような小型水素ステーションの普及を促進するために関連規制の見直しに取り組んでおり、2015年度中の実現を目標にしている。

このように、ホンダは官民の協力を得ながら、水素社会の実現に向けて一つ一つ課題の解決に取り組んでいる。和光本社ビルに設置したSHSは、導入初期は主に自社保有のFCVへの水素の充填に活用。将来的には、ホンダとともに水素社会の早期実現を目指している自治体や企業が保有するHonda製FCVにも対象を広げて活用する予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  2. 【リコール】トヨタ THS不具合で、プリウスに続きマツダ アクセラ 9335台

    【リコール】トヨタ THS不具合で、プリウスに続きマツダ アクセラ 9335台

  3. 【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

    【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

  4. 【カーエレ最前線】安全運転サポート機能をドラレコで手に入れる

  5. ダイハツの軽市場シェアが急上昇、5か月ぶりの35%超え…5月実績

  6. トヨタの複数車種、米国でリコール…後付けシートヒーターに不具合

  7. トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

  8. 【リコール】BMW 320d、ホース不具合で燃料漏れのおそれ

  9. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  10. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は17か月連続マイナス…5月実績

アクセスランキングをもっと見る