時刻表がカスタマイズ可能に、スマホ版「デジタルJR時刻表Lite」提供開始

鉄道 企業動向

 交通新聞社は24日、時刻表アプリ「デジタルJR時刻表Lite」を発表した。25日よりiPhone版の提供を開始する。タブレット向けに展開している「デジタルJR時刻表」のスマートフォン向けアプリとなる。

 「デジタルJR時刻表Lite」は、月刊誌「JR時刻表」と「東京時刻表」に収録されている全路線の時刻表を表示できるアプリ。経路検索から、時刻表や列車情報(運転日や編成設備)にリンクできるなど、乗換案内アプリよりも機能が豊富な点が特徴。時刻表により、前後の列車を比較したり、運転日や編成設備を確認することができる。時刻表の時刻をタップすると、乗り継ぎ候補の2列車を各方面別に一覧表示する。

 路線図も収録されており、駅名をタップすることで、出発駅・到着駅を指定可能。GPSによる最寄駅検索にも対応する。時刻表のカスタマイズでは、日付や列車名で条件を満たす列車だけを一覧表示したり、出発駅や到着駅の時刻で列車を並び替えたりすることができる。

 初回インストール時に限り、全機能を無料で7日間試用可能。自動継続チケット(1か月360円)および、出張や旅行に便利な7日間チケット(120円)の2種類が用意されている。対応機種はiOS 7.0以降。Android版は2016年1月下旬にリリース予定。
《冨岡晶@RBB TODAY》

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR東日本、千葉新駅舎を11月オープン…線路上空の3階に移転

    JR東日本、千葉新駅舎を11月オープン…線路上空の3階に移転

  2. JR東日本のお座敷電車「ニューなのはな」、8月で引退へ…181系の「残党」減る

    JR東日本のお座敷電車「ニューなのはな」、8月で引退へ…181系の「残党」減る

  3. JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から

    JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から

  4. 東武鉄道、竹ノ塚駅前後の下り急行線を5月に高架化…踏切事故から11年

  5. 川崎重工、都営大江戸線向け鉄道車両を88両受注…2018年度から納入

  6. JR東日本、415系ステンレス車の引退記念列車を運転…6月25日

  7. 西武鉄道、新宿線中井駅の改札を地下に移動…バリアフリー化で国の基準を達成

  8. JR東日本、国鉄色気動車に取り付けるヘッドマークのデザイン募集

  9. 阿武隈急行の旧国鉄電車、5月28日にラストラン

  10. 本州~北海道の寝台特急『カシオペア』早くも復活へ…ただしツアー専用

アクセスランキングをもっと見る