時刻表がカスタマイズ可能に、スマホ版「デジタルJR時刻表Lite」提供開始

鉄道 企業動向

 交通新聞社は24日、時刻表アプリ「デジタルJR時刻表Lite」を発表した。25日よりiPhone版の提供を開始する。タブレット向けに展開している「デジタルJR時刻表」のスマートフォン向けアプリとなる。

 「デジタルJR時刻表Lite」は、月刊誌「JR時刻表」と「東京時刻表」に収録されている全路線の時刻表を表示できるアプリ。経路検索から、時刻表や列車情報(運転日や編成設備)にリンクできるなど、乗換案内アプリよりも機能が豊富な点が特徴。時刻表により、前後の列車を比較したり、運転日や編成設備を確認することができる。時刻表の時刻をタップすると、乗り継ぎ候補の2列車を各方面別に一覧表示する。

 路線図も収録されており、駅名をタップすることで、出発駅・到着駅を指定可能。GPSによる最寄駅検索にも対応する。時刻表のカスタマイズでは、日付や列車名で条件を満たす列車だけを一覧表示したり、出発駅や到着駅の時刻で列車を並び替えたりすることができる。

 初回インストール時に限り、全機能を無料で7日間試用可能。自動継続チケット(1か月360円)および、出張や旅行に便利な7日間チケット(120円)の2種類が用意されている。対応機種はiOS 7.0以降。Android版は2016年1月下旬にリリース予定。
《冨岡晶@RBB TODAY》

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

    デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  4. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  5. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  6. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  7. JR東日本、山手線新型電車の本格投入は来春から…現在の車両は中央・総武緩行線へ

  8. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  9. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

  10. 東武200系台湾色、6月21日に佐野線へ…スバルとセメントの街・葛生のいまむかし

アクセスランキングをもっと見る