人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

国際宇宙ステーションへの日本の参加、2024年まで延長…米国政府と合意

宇宙 テクノロジー

日米両政府は、国際宇宙ステーション(ISS)について新たな日米協力の枠組みについて合意し、2024年まで日本のISS運用延長への参加が決定した。

ISSは15カ国が2020年までの運用が決まっていた。今回、馳浩文部科学大臣、島尻安伊子宇宙政策特命担当大臣、岸田文雄外務大臣は、東京でキャロライン・ケネディ駐日米国大使との間で、日本がISSを2024年まで運用期間を延長することで合意した。

同時に、新たな日米協力の枠組みとして「日米オープン・プラットフォーム・パートナーシップ・プログラム(JP-US OP3)」を構築する文書を取り交わした。

プログラムでは、ISSで新たな日米協力を強化するものとして、ISS「きぼう」日本実験棟での実験設備・機器の相互活用、共同研究の促進や、ISS資源を活用したアジア太平洋地域の宇宙途上国との協力増進、宇宙ステーション補給機(HTV)・HTV-Xの運用器械の活用などでも合意した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 薩長土肥をめぐる航空券が誕生へ…ANAと4県がタッグ

    薩長土肥をめぐる航空券が誕生へ…ANAと4県がタッグ

  2. アルマ望遠鏡の観測提案の審査を終了…1571件の応募

    アルマ望遠鏡の観測提案の審査を終了…1571件の応募

  3. ISS補給機「こうのとり」6号機の打ち上げ延期…配管に不具合

    ISS補給機「こうのとり」6号機の打ち上げ延期…配管に不具合

  4. GSユアサ、宇宙用リチウムイオン電池の採用数が110機超に

  5. アルマ望遠鏡で巨大ブラックホールに吸い込まれるガス雲の様子を初観測

  6. JAXA、ISS補給機「こうのとり」6号機で輸送するISS用バッテリーを公開…GSユアサ製

  7. 2017年は日食が2回、月食が1回…国立天文台が暦要項を公表

  8. 人工衛星を活用した農地調査サービス、パスコが開始

  9. 初検出された重力波は宇宙誕生直後に形成した原始ブラックホール…東京大学などの研究チーム

  10. アポロ11号指令船「コロンビア」の高解像度3Dスキャンデータを作成

アクセスランキングをもっと見る