GSユアサ、宇宙用リチウムイオン電池の採用数が110機超に

宇宙 企業動向

宇宙用リチウムイオン電池
  • 宇宙用リチウムイオン電池
GSユアサは、子会社であるGSユアサ・テクノロジー(GYT)が製造する宇宙用リチウムイオン電池が人工衛星や宇宙ステーション補給機など、宇宙機向け採用数が110機を超えたと発表した。

2015年度末には軌道へ投入された総容量は世界トップクラスとなる2.3MWhとなるほか、総容量が2017年末までにほぼ倍増することが見込まれている。

GSユアサグループは、1980年代後半からリチウムイオン電池の開発に着手、1998年から宇宙用リチウムイオン電池を製造している。数多くの宇宙プロジェクトを通して得た知識と、研究開発の結果に基づいて2011年に発売した第3世代のリチウムイオン電池は、ベースとなるケミストリと構造を第2世代から変更することなく大幅な性能向上を実現した。また、これまでの採用実績が認められ、有人対応ミッションへの採用が決まっている。

GYTは10年以上の経験と累計数百年分の寿命評価データをもとに、様々なケースにおいて、正確に性能・寿命を予測できる宇宙用リチウムイオン電池の寿命モデルを開発・検証してきた。この予測結果をもとにして、各ミッション独自の要求を満たす電池容量、バッテリ構成を検討している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

    金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  2. ジャパンホームシールド、JAXAと月面でも利用可能な地盤調査技術を共同研究

    ジャパンホームシールド、JAXAと月面でも利用可能な地盤調査技術を共同研究

  3. 先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

    先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

  4. 130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

  5. JAXA 光学地球観測衛星と光通信衛星をコラボ運用…2019年打ち上げを目指す

  6. 宇宙ミュージアムTeNQ 開業2周年、新海誠監督とのコラボ企画展…7月1日~11月6日

  7. 文部科学省、X線天文衛星「ひとみ」の異常要因分析を検証する小委員会を設置

  8. JAXA、金星探査機「あかつき」が軌道修正を実施…観測期間を延長

  9. 金星探査機「あかつき」、金星雲の微細な凹凸の可視化に成功

  10. 国立天文台など、太陽系外惑星「K2-28b」を発見…地球の2.3倍、170光年先

アクセスランキングをもっと見る