NEXCO西日本、EV用急速充電設備を16か所に追加

エコカー EV

山陽自動車道 淡河PAの急速充電設備
  • 山陽自動車道 淡河PAの急速充電設備
  • 位置図
  • 累計利用回数推移(回/月) (完全有料化(平成27年2月)以降)
NEXCO西日本とジャパンチャージネットワークは、12月25日より新たに16か所のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)で充電サービスを開始する。

NEXCO西日本では、2011年より社会貢献事業として急速充電設備のサービスを開始。その後、2013年12月に公表した「次世代自動車充電インフラビジョン」に基づき、ジャパンチャージネットワークと共同でSA・PAの急速充電設備の整備を進めるとともに、サービスを展開してきた。

現在、同社管内の休憩施設107か所でサービスを行っており、2015年8月には管内の急速充電設備の利用実績は過去最大の約1万4900回(月当り)となるなど、利用実績も順調に増加している。

今回、継ぎ足し充電のための立ち寄り施設を増やすとともに、利用頻度の高い充電施設の利用分散を目的として、新たに16か所のSA・PAに急速充電設備を設置。12月25日より順次サービスを開始する。

今回追加する急速充電設備のサービス開始日時は以下の通り。いずれも上下線各1基。NEXCO西日本管内の急速充電設備は、現在運用中の107か所とあわせて123か所となる。

■12月25日15時開始
・名神高速道路
菩提寺PA(滋賀県湖南市)
・山陽自動車道
淡河PA(兵庫県神戸市)
権現湖PA(兵庫県加古川市)
・中国自動車道
大佐SA(岡山県新見市)
吉和SA(広島県廿日市市)
鹿野SA(山口県周南市)

■2016年1月29日15時開始
・九州自動車道
基山PA(佐賀県基山町)
山江SA(熊本県山江村)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 三菱自、南オーストラリアのEV普及に協力

    三菱自、南オーストラリアのEV普及に協力

  2. 米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ

    米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ

  3. ダイムラー と中国 BYD のEV、デンツァに新型…400km走行可能

    ダイムラー と中国 BYD のEV、デンツァに新型…400km走行可能

  4. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  5. テスラの新型EV、モデル3 …設計が完了

  6. 【パイクスピーク16】ホンダ NSX のEVレーサー、改造EVクラス2位…総合3位

  7. ガソリンキャップレスに動くフォード

  8. 意外と知らない? 国産高級車 レクサス の実燃費

  9. ガソリンエンジンの自己着火、課題と実現への目算…次世代SKYACTIV開発者に聞く

  10. 日本特殊陶業、燃料電池の水素漏れを検知するセンサを開発

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら