国交省、道路を賢く使う新政策を検討…地域道路経済戦略研究会を新設

自動車 社会 行政

国土交通省は、情報通信技術や多様なビッグデータを最大限に利活用し、道路を賢く使う、新たな道路政策の実施を検討する。

道路を賢く使う、新たな道路政策を実行するため、地域道路を活かした政策を提言してもらうとともに、道路空間の有効活用による地域経済活性化戦略、これを実現するための社会実験・実装について研究を行うことを目的に、有識者からなる「地域道路経済戦略研究会」を設立する。

第1回の研究会を12月24日に開催し、まず「ビッグデータ利活用のためのプラットフォーム」について委員に検討してもらう。

研究会では2015年度末を目処に中間提言をまとめる予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

    南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

  2. 全長約8kmのトンネル内で車両火災、煙が内部に充満して通行止めに

    全長約8kmのトンネル内で車両火災、煙が内部に充満して通行止めに

  3. 多重衝突を起こしたトラック運転手に過重勤務を命じた会社を捜索

    多重衝突を起こしたトラック運転手に過重勤務を命じた会社を捜索

  4. 『ETC2.0』とは…次世代ETCが目指す未来の道路交通

  5. 『ETC2.0』メリット呼びかけ…再セットアップに助成金

  6. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

  7. 国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

  8. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  9. 国交省、タカタ製エアバッグの追加リコールを指示…約700万台

  10. クルマの女性、暴走族グループに襲撃される

アクセスランキングをもっと見る