【アウディ A3 スポーツバックe-tron 発売】充電環境をサポート、e-tronの積極的展開めざす | レスポンス(Response.jp)

【アウディ A3 スポーツバックe-tron 発売】充電環境をサポート、e-tronの積極的展開めざす

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ A3スポーツバックe-tron
  • アウディ A3スポーツバックe-tron
  • アウディ A3スポーツバックe-tron
  • アウディ A3スポーツバックe-tron
  • アウディ A3スポーツバックe-tron
  • アウディ A3スポーツバックe-tron
  • アウディ A3スポーツバックe-tron
  • アウディ A3スポーツバックe-tron
  • アウディ A3スポーツバックe-tron
アウディジャパンは『A3 スポーツバックe-tron』発売に伴い、e-tronの販売及びサービスに関し、全国ネットワークの中から55店舗でスタートする。

このe-tron販売及びサービス店には専用の充電器が一店舗あたり5台設置される。パーキングスペースと納車ブース、ショールーム内に1台ずつ。残り2台はサービスブースだ。アウディジャパンプロダクトマーケティングプロジェクトリーダーの山口弘明さんはこの5台という台数について、「多いという声もあるかもしれないが、アウディとしては来期も積極的にe-tronを展開していくので、ある程度ユーザーの利便性を考え台数を多く設置している」と説明。

また、より積極的にe-tronを展開すべく充電設備の工事費用をサポートする制度も実施する。山口さんは、「電気自動車や、プラグインハイブリッドのユーザーになるうえで、家庭に充電器を設置するということは心理的な障壁のひとつだ」という。そこでこの壁を取り除き、より多くのユーザーに前向きに検討してもらうために、「充電設備の工事費用をサポートする予定だ(適用期間は検討中)」とし、今後e-tronを積極的に展開していくうえでの施策について語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品