アメ車の新時代が見えた…リンカーン コンチネンタル 14年ぶりの復活へ

自動車 ニューモデル 新型車

リンカーン コンチネンタル スクープ写真
  • リンカーン コンチネンタル スクープ写真
  • リンカーン コンチネンタル スクープ写真
  • リンカーン コンチネンタル スクープ写真
  • リンカーン コンチネンタル スクープ写真
  • リンカーン コンチネンタル スクープ写真
  • リンカーン コンチネンタル スクープ写真
  • リンカーン コンチネンタル スクープ写真
  • リンカーン コンチネンタル スクープ写真
リンカーン『コンチネンタル』は、1939年に登場した初代から2002年まで販売された、大きいことを良しとするアメリカの代表的ビッグサルーンだが、その次世代モデルが14年振りに復活する。

次世代型は過去のモデルの面影を持たない、スマートで、スタイリッシュなデザインに生まれ変わる。

エクステリアは2015年4月のニューヨークモーターショーでお披露目された『リンカーン コンチネンタル コンセプト』から多くの意匠を継承。

特徴的な「レーザーハイビーム付きLEDマトリクスヘッドライト」はそのままに、フロントバンパーのエアインテークには新たにデイライトを配置。リアコンビランプもコンセプトに近い、横方面に細長いデザインとしている。

パワートレインは3リットルV型6気筒ターボエコブースト。ボディの軽量化による大幅な燃費向上、「マイリンカーンタッチ・インフォテインメントシステム」の採用など、「アメ車の新時代」が見えるモデルとなっている。
《子俣有司@アポロニュースサービス》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

    【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

    【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  4. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  5. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  6. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  7. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  8. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

  9. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

  10. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら