X線天文衛星「ASTRO-H」、2016年2月12日打ち上げへ

宇宙 企業動向

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、H-IIAロケット30号機によるX線天文衛星(ASTRO-H)を2016年2月12日、種子島宇宙センターから打ち上げると発表した。

30号機は、ASTRO-Hを所定の軌道に投入するほか、打ち上げ能力の余裕を利用して、小型副衛星(ピギーバック衛星)に対して軌道投入の機会も提供する。

打ち上げは三菱重工の打ち上げ輸送サービスで実施し、JAXAが打ち上げに関する安全監理業務を担当する。

打ち上げ予定時間帯は17時45分~18時30分。打ち上げ予備期間は2月13日~2月29日。

ASTRO-Hは、ブラックホール、超新星残骸、銀河団など、X線やガンマ線で観測される高温・高エネルギーの天体の研究を通じて、宇宙の構造とその進化の解明するための天文衛星。「すざく」の後継として開発され、JAXA、NASA(米航空宇宙局)をはじめ、国内外の大学・研究機関の200人を超える研究者が開発に参加する、X線天文学の旗艦ミッション。大規模な国際協力で開発された4種類の新型観測システムが搭載され、「すざく」に比べて10倍から100倍も暗い天体の分光観測が可能となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. シグナス補給船運用5号機が国際宇宙ステーションを離脱

    シグナス補給船運用5号機が国際宇宙ステーションを離脱

  2. アルマ望遠鏡で巨大ブラックホールに吸い込まれるガス雲の様子を初観測

    アルマ望遠鏡で巨大ブラックホールに吸い込まれるガス雲の様子を初観測

  3. 火星と地球の距離が7528万km、11年ぶりに最接近…5月31日

    火星と地球の距離が7528万km、11年ぶりに最接近…5月31日

  4. 「はやぶさ2」、追加イオンエンジン運転で軌道修正に成功

  5. 「はやぶさ2」の光学航法望遠カメラで火星を撮影

  6. JAXA、ソーラー電力セイル探査機の公開実験…7月13日

  7. 打ち上げ費用は別…超小型衛星キット、40万円で販売開始

  8. 静岡大学、ISS「きぼう」日本実験棟から放出する超小型衛星を開発…今夏以降に打ち上げ

  9. ISS「きぼう」から放出したフィリピン小型衛星、地球の画像撮影…8月から本格運用

  10. シエラ・ネバダ社のドリームチェイサー宇宙船 NASAの商業有人宇宙輸送プログラム水準を達成

アクセスランキングをもっと見る