X線天文衛星「ASTRO-H」、2016年2月12日打ち上げへ

宇宙 企業動向

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、H-IIAロケット30号機によるX線天文衛星(ASTRO-H)を2016年2月12日、種子島宇宙センターから打ち上げると発表した。

30号機は、ASTRO-Hを所定の軌道に投入するほか、打ち上げ能力の余裕を利用して、小型副衛星(ピギーバック衛星)に対して軌道投入の機会も提供する。

打ち上げは三菱重工の打ち上げ輸送サービスで実施し、JAXAが打ち上げに関する安全監理業務を担当する。

打ち上げ予定時間帯は17時45分~18時30分。打ち上げ予備期間は2月13日~2月29日。

ASTRO-Hは、ブラックホール、超新星残骸、銀河団など、X線やガンマ線で観測される高温・高エネルギーの天体の研究を通じて、宇宙の構造とその進化の解明するための天文衛星。「すざく」の後継として開発され、JAXA、NASA(米航空宇宙局)をはじめ、国内外の大学・研究機関の200人を超える研究者が開発に参加する、X線天文学の旗艦ミッション。大規模な国際協力で開発された4種類の新型観測システムが搭載され、「すざく」に比べて10倍から100倍も暗い天体の分光観測が可能となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の姿を捉える

    すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の姿を捉える

  2. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

    金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  3. 生命のいない地球型惑星が存在する可能性を理論的に証明

    生命のいない地球型惑星が存在する可能性を理論的に証明

  4. 金星探査機「あかつき」、金星雲の微細な凹凸の可視化に成功

  5. 重力波望遠鏡 LIGO で重力波の検出に初成功、アインシュタインが100年前に予言

  6. 「だいち2号」による全球森林マップを無償公開、温暖対策に活用,…JAXA

  7. NEC、人工衛星の組み立て能力を増強…2020年に宇宙関連事業を1000億円

  8. 宇宙環境観測装置「KASPER」が実験・観測へ…微小スペースデブリを計測

  9. JAXAとNASA、全球降水観測計画標準プロダクトVer4をリリース

  10. 大西宇宙飛行士、打ち上げ目標が6月24日午後3時14分に決定

アクセスランキングをもっと見る